勝田炭鉱

三菱勝田は福岡県糟屋郡宇美町にあった炭鉱。

1910(明治43)年に清水勝次が購入、勝田炭鉱と命名。1937(昭和12)年に三菱鉱業所有となる。1948(昭和23)年6月18日にガス爆発が発生、62名が死亡する事故があった。1963(昭和38)年閉山。

地図位置のガソリンスタンド裏にコンクリート遺構が残る。他に上北川橋付近にボタ運搬線の橋脚が見られる。またトロッコ軌道の高架橋脚と言われる煉瓦遺構が県道68号線沿いにある。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

勝田炭鉱 住所

福岡県糟屋郡宇美町平和

勝田炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

勝田炭鉱 画像

勝田炭鉱

勝田炭鉱 写真・ブログ・リポート

ALL-A[勝田炭鉱]
勝田炭鉱は、福岡県糟屋郡宇美町にあった糟屋炭田における大手炭鉱である。三菱鉱業の社史によると、1910(明治43)年に清水勝次がこの鉱区を買い取り、自分の名前から字を採って勝田炭鉱と命名。所有者の変遷を経て1937(昭和12)年に三菱鉱業のものとなる(リンク1
三菱勝田炭鉱  トライスターの放浪日記/ウェブリブログ
さて・・・今まで何度もアップしてきた勝田炭鉱ですが先日のオフ会でようやく以前より気になっていた遺構を発見できたのでここの炭鉱遺構調査は終わりでもあります・・・。三菱勝田炭鉱としてはこれ以上の遺構は残っていない模様。改めて、三菱勝田炭鉱とは(宇美町史や糟屋群内の
三菱勝田炭鉱
三菱勝田炭鉱藪にまみれて残る三菱勝田鉱の巻揚げ機台座。斜面を登るとさらに遺構が。藪に難儀しつつ写真を撮る。アーチが印象的だ。ここに設置された巻揚げ機は蒸気で稼働していたという。戻る進むPoweredbyTOK2AdsbyTOK2
三菱鉱業(株) 勝田 炭鉱(糟屋郡)|鶴嘴さんのブログ
今回は、糟屋郡の勝田炭鉱をアップします多くの人がブログでアップしているんで、自分も見たくなりましたでは、現地に出発現地に着くと、すでに見えてます選炭場の遺構らしい歩道橋がくっついてます歩道橋をあがって、近づきますボルトも見えますしかしながら、強烈なモジャモジャ
三菱勝田鉱業所(三菱勝田炭鉱) :トライスターの放浪日記
三菱勝田鉱業所(三菱勝田炭鉱)2009/12/1711:56まず、宇美町史より・・・沿革、大正4年、釧勝興業株式会社が経営し昭和2年、中島鉱業株式会社となり昭和12年、三菱鉱業株式会社が買収して稼行し昭和38年、閉山となる。昭和13年8月、竪坑完成、深さ392
宇美町の炭鉱遺構(三菱勝田炭鉱運炭線と観音or日の丸炭鉱?巻き上げ台座)|その他/その他|愛車フォトギャラリー|Blue Field|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)
宇美町マックスバリューの裏手にあるボックスカルバートちょうどこの付近が当時炭鉱街の中心付近なのか?2[大きい写真で見る]ちょうどこの上の道路が運炭線だったそうです3
三菱鉱業(株) 勝田 炭鉱2(詳細)|鶴嘴さんのブログ
前回の勝田炭鉱の詳細です明治43年、清水勝次氏が船石炭鉱の鉱区を所有者、清水行篤氏より買収し、自身の名前の頭字を取って勝田炭鉱と命名したその後、大正4年、釧勝興業株式会社社長中村定三郎氏が清水勝次氏よりその鉱区をした大正9年、恐慌以来不振に陥り、大正14年坑内
北部九州炭鉱遺構調査団(仮)に参加 | あれなん
勝田炭鉱の遺構が残ると言われるモジャへ県道沿いのココから突入(私も)突き進む宗像調査部長氏と帝王さま川*浩探検シリーズみたいだ(音楽が欲しい)モジャと傾斜がキツイためなかなか困難な状態が先発隊の『発見!!』の声で頑張ると...煉瓦遺構ですなあとで気づいたけど木