東京都 その他・廃墟一般 廃墟一覧

九段下ビルは、東京都千代田区神田神保町3丁目にある老ビル。一階にはテナントも入っており、廃墟ではないが、外観的には廃墟的雰囲気がある。昭和二年に関東大震災復興...
中野45番街(解体済)
中野45番街は、東京都中野区中野5丁目の飲食店街。 昭和の空気が色濃く残る一角だったが、再開発の波により廃墟化・取り壊しが進み、2013年現在ほぼ解体されてしまった...
代々木会館は東京都渋谷区代々木にあるビル。1969年竣工。 一部営業中の店舗が残っているため、完全な廃墟ではない。 以前から取り壊しの話も出ているが、権利関係が...
西新橋2森ビルは東京都港区にあるビル。1956年竣工で、現存する最古の森ビルだという。 2015年現在テナントは入っていない様子だが、管理されており廃墟ではない。
村木商店は東京都千代田区神田須田町にあった擬洋風の近代建築。 岡田信一郎が設計したと伝えられていた。 2013年解体。
田町遊郭(八王子遊郭)は、東京都八王子市に1958年(昭和33年)4月1日の売春防止法施行まで存在した遊郭。 遊廓廃止後は新たに宅地化が行われ、当時の建築はほとんど...
小松川閘門は東京都江戸川区にある閘門跡。水位の異なる二つの水面を調節して船を通行させる特殊な水門である。 この場所は荒川と旧中川との合流地点だったが、水害を...
洲崎遊郭(洲崎パラダイス)は東京都江東区東陽1丁目付近にあった遊郭。 1958年(昭和33年)4月1日に施行された売春防止法により、70余年の歴史に幕を引いたが、その後...
山形質庫(解体済)
山形質庫は東京都新宿区にあった質店。赤線・青線当時のカフェー建築遺構でもあった。 2013年解体。
世にも不思議なお墓の物語は東京都港区のビル通称。新橋駅前に位置する。 墓地関連のコンサルティング事業を行っているらしいが、一階は使用されておらずテントも破れ...
奥多摩鉱業氷川鉱山専用索道は東京都西多摩郡奥多摩町の山中にあった索道施設。 1946(昭和21)年の氷川鉱山開山から1953(昭和28)年の曳鉄開通までの間、索道によっ...
東京都目黒区にある関東信越厚生局麻薬取締部跡。移転のため使用されていない。
廿世紀浴場(にじっせいきよくじょう)は、東京都台東区日本堤の銭湯。 1929年(昭和4年)の建築で、一見銭湯には見えない昭和初期のモダンな洋風銭湯である。2007年12...
目白コマースビルは、東京都豊島区の目白駅前にある総合商業ビル。 NTT都市開発による複合ビル開発の計画があり、既にほとんどのテナントは退去しているが、いくつかの...
唐橋ビルは東京都新宿区の高田馬場駅前、早稲田通り沿いにあるビル。 一等地に位置するにも関わらず、最後まで残っていた二階の居酒屋「寿限無」も2014年9月には閉店し...
澤綿業株式会社は東京都荒川区にあるビル。ビル壁面に「澤綿業株式会社」の文字が読み取れるが、詳細不詳。 一二階は利用されているらしく、廃墟ではない。 三階部分...
東京都八王子市にある高尾山の廃屋。 山頂から降りてすぐ、陣馬山方向に向かう右手にあるという。茶屋跡とも言われる。 地図はおおよその地点。
かきがらビルは東京都品川区の五反田駅近く、ゆうらく通りにあるビル。 一階には現役店舗が入っており、廃墟ではない。 かなりクラシックな作りの建物で、二階より上...
東京都西多摩郡奥多摩町境のガソリンスタンド。国道411号線青梅街道沿い、奥多摩湖そばに位置する。 壁面に落書きが見られるが、現在は工事用施設として利用されており...
観音浦展望台は東京都神津島村の展望台。 2000(平成12)年の地震で崩壊し放棄されたという。 現在は観音浦への山道の入り口付近で封鎖されている。