田町遊郭跡

田町遊郭(八王子遊郭)は、東京都八王子市に1958年(昭和33年)4月1日の売春防止法施行まで存在した遊郭。

遊廓廃止後は新たに宅地化が行われ、当時の建築はほとんどが取り壊されたが、数件が残存している。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

田町遊郭跡 住所

東京都八王子市田町

田町遊郭跡 種類

その他・廃墟一般

田町遊郭跡 画像

田町遊郭跡

田町遊郭跡 写真・ブログ・リポート

赤線地帯の名残り・八王子「田町遊郭」を訪ねる (2) - 東京DEEP案内
厳重に蔦でラッピングされた建物は蔦の葉が枯れ落ちる冬の間でなければ外観を拝む 事が出来ない。戦後の赤線廃止後には転業旅館として営業を続けていたそうだが、それ も廃業し、完全に廃墟状態に。 67-144.jpg. 玄関口からこっそり中を伺うと、昔の妓楼
赤線地帯の名残り・八王子「田町遊郭」を訪ねる (3) - 東京DEEP案内
今ではたった三軒の妓楼建築と大門通りの不自然に広い車道を除けば殆ど痕跡を失 くしてしまった田町遊郭跡。 かつて遊郭として使 一見廃墟ホテルのような建物が そびえていて何事かと思ったが、懐石料理店「なか安」が経営するホテルらしい。 67- 160.jpg
赤線地帯の名残り・八王子「田町遊郭」を訪ねる (1) - 東京DEEP案内
田町遊郭の跡地へは八王子駅から徒歩15分程度掛かる。明治30(1897)年、横山町 ・八日町の甲州街道沿い 先程まで辿ってきた道がやたら細かったにも関わらず、 田町遊郭跡の通りに出ると無駄に車道が広い。かつての遊郭の大門通りの名残りで ある。
一蓮托生・呉越同舟 (rebirth): 廃墟萌え。 - メイン
田町。明治後期から昭和中葉にかけて繁盛した八王子唯一の遊郭。1897年(明治30)4月の大火によって、それまで横山町甲州街道沿いにあった遊郭が焼失、その後、現在の田町に移転、田町の遊郭として繁盛を極めた。明治末期には、西 
八王子 田町遊廓跡を訪ねる - 関東懐旧街 ~猫屋横丁の古い町並み~
【東京都八王子市 田町】 明治30年頃の八王子の大火で、それまで甲州街道沿いに散在していた遊廓?が移転してきたことが田町遊廓の始まりだと伝えられています。 ※田町は大火以前の明治27年に既に指定を受けていたという説もあります