中山隧道(旧・山古志村)

日本最長の手掘りトンネル

中山隧道は、新潟県旧山古志村小松倉(現長岡市)と旧広神村水沢新田(現魚沼市)間にある国道291号旧道のトンネル。全長は875m。手掘りの道路トンネルとしては日本最長である。

1933年から1949年にかけて旧山古志村小松倉集落住民の労働奉仕により作られた。1998年に並行して自動車用トンネルが開通し、以後旧トンネルは史跡として整備保存されている。2006年に土木学会選奨土木遺産に選定された。

現在も歩行者の通行は可能であり、廃隧道ではない

ストリートビューからも確認できる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

中山隧道(旧・山古志村) 住所

新潟県長岡市山古志東竹沢

中山隧道(旧・山古志村) 種類

廃隧道

中山隧道(旧・山古志村) 画像

中山隧道(旧・山古志村) 写真・ブログ・リポート

「中山隧道」:「日本」最長の手掘り道路トンネル : 太郎の部屋
旧「山古志村」方面より撮影。写真右側が手掘りの「中山隧道」、左側が平成10年(1998年)にできた新しい「中山トンネル」です。 DSCF0156.jpg この辺りには、「中山隧道」以外にも手掘りの隧道がいくつかあります。残念ながら、「新潟県中越地震」で崩落したものありますが、「中山隧道」は何とか...
中山隧道は、手掘り国内最長。 中山峠からの風景。 ギフチョウを初めて見た。~長岡市~ 他 (2016/5/4) | キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ
何年かかるか分からない。それでも、手掘りでトンネルを掘り始めた。16年後に、やっと開通した。 中山隧道。 全長877㍍。隣の立派な中山
旅 新潟 美術館と角突きと棚田ツーリング
新トンネルと旧隧道 広神側坑門 ここ山古志村は、全国の(廃隧道ファン・・そんなのいるのか(*^_^*)涎憧の地でして、たくさんの廃トンネルがあります。その中で特に有名なR291の中山トンネルに行って来ました。 新トンネルと比べる
柵の向こう側 中山手掘り隧道
新潟県長岡市、旧山古志村に有る、手掘り隧道を見に来た。長年の歳月をかけ、村民が人力で掘り上げた隧道。その苦労の物語は映画になったり、土木遺産に認定されたりしています。新旧の隧道口。駐車場に有った、説明看板。保存・観光用に化粧した坑口。土木遺産の認定パネル。貴重