万字線

万字線(まんじせん)は、日本国有鉄道(国鉄)が運営していた鉄道路線(地方交通線)である。

北海道岩見沢市の志文駅で室蘭本線から分岐し、空知郡栗沢町(現在の岩見沢市栗沢町)の万字炭山駅までを結んでいたが、1980年(昭和55年)の国鉄再建法施行を受けて第1次特定地方交通線に指定され、1985年(昭和60年)に廃線となった。

幌向川の橋梁はすでに撤去されているが、橋脚は万字線部分が使われない状態でそのまま残っている。

上志文駅は駅舎が残っており、駅跡碑も建てられている。

朝日駅は駅舎とホーム、それに接する線路が残され、交通公園として整備されている。蒸気機関車の動輪、転轍機などが保存されており、公園内に配置されている。また付近では橋台が放置されている。

美流渡駅は近くの交番裏に車止めが残っており、その奥の公園に跡碑などがある。跡地には転換バスの待合所が建てられている。

万字駅は簡易郵便局兼バス待合所として使われている。脇には駅跡碑もある。裏手にはホームへ下る階段と長いホームも残っているが、かなり荒れている。近くには踏み切り跡がある。

万字炭山駅は駅舎が残り、再利用されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

万字線 住所

北海道岩見沢市

万字線 種類

廃線・鉄道駅

万字線 画像

万字線 写真・ブログ・リポート

万字線 - 廃線跡Report
志文 - 万字炭山(23.7km) 【主な駅】 志文、上志文、朝日、美流渡、万字、万字炭山 【沿 革】 1914.11.11 軽便線として開通 1919.11.11 朝日駅開業 1922.09.02 万字線に改称 1924.09.01 万字 - 万字炭山旅客開始 1985.04.01 全線廃止 万字炭山からの石炭 
万字線 [廃線]
【万字線沿線へ】 夕張から北へ向かって一山越えると、そこには、万字という炭山がありました。 炭山があれば、鉄道がある。万字にも、室蘭本線 志文駅から分岐した、国鉄万字線という鉄道が走っていました。しかし、「石炭運搬路線」であった万字線は、石炭の 
万字線 その3
2006年11月12日 この駅から北星炭礦美流渡礦専用線が分岐していただけあって、構内の跡は現在もその広さがわかる。 専用線の跡は帰りに廻ることとして、先へとすすむこととした。 構内跡のはじっこの方に、記念碑と踏切がふたつ。 廃線跡は、並行する道路 
北海道の廃線<万字線>
1914年(大正3年)に開通した万字線は、終点の万字炭山駅の名前にも表れているように、北海道炭礦汽船株式会社(北炭)が沿線の炭鉱から産出する石炭積み出しを目的として建設された。しかし、炭鉱の閉山により次第に寂れていき、1985年(昭和60年) 
桜咲く駅跡にて - 廃線跡 - 探索の痕跡 - FC2
万字線は万字炭山が開坑した1914(大正3)年、 室蘭本線志文駅~万字炭山駅を結ぶ万字軽便線として開通、 廃止は1985(昭和60)年。 K_5_0080.jpg ここ朝日駅は、朝日炭砿が開坑した1919(大正8)年に開業した駅だ。 駅跡は1986( 
真ひとはるブログ 万字線をドライブ
久ぶりに万字線沿いを走行します。 この辺りは交通量も どこかの廃線跡とは違い駅名の看板も渋く今も残ります。 RIMG4586.jpg 過疎エリアなので廃線時と恐らく殆んど環境が変わっていないので廃線跡を巡り易い万字線。 チョットした 
万字線沿線跡を訪ねる 万字駅、万字炭山駅 - たかし の部屋 - Yahoo
ここからもう少しだけ山奥に入ると、. 踏み切りや石で出来た石碑などがあり、旧万字炭山駅?と勘違いしてしまったバスターミナルなどがあります。 イメージ 3. 撮影日:2011.8.20. 廃線跡巡りはまだまだ不慣れな私。 もうちょっと下調べなど 
万字線沿線跡を訪ねる 美流渡 - たかし の部屋 - Yahoo!ブログ
ていそうな気がします。 今日も昨日に引き続き、2011年に訪れた旧万字線 次回は機会を見て旧万字駅、万字炭山駅辺りで撮影した画像を掲載します。 撮影日:2011.8.20 廃線跡・鉄道遺産」書庫の記事一覧. 留辺蘂の静態保存 
たこたこ北紀行2014GW(その13:夕張周辺の廃線跡探訪①
コチラに帰ってきてから、色々と調べてみましたら、旧国鉄により嘗て運営されていた万字線の廃線跡を、同線全線のちょうど中間くらいに位置していた「朝日駅」ともども記念公園に仕立てたモノであると判明いたしました。大正時代初期に作 
万字線跡をたずねる 旧朝日駅 2 - たかし の部屋 - Yahoo!ブログ
旧万字線を訪ねるシリーズ。 もう少しありますので、また掲載しようと思います。 にほんブログ村(北海道の鉄道) に登録させていただきました。 ☆ コメント、メッセージなどでご質問を頂く事がありますが、 内容は問わずお答えしておりませんので、あらかじめご了承ください。 ツイート; mixiチェ...
万字線 廃線跡 - 時空浪漫 - 時空浪漫 - 秋月涼の写真館 -
[2014/05/06 / 09:12] 寿町より道道38号線沿いに少し進むと、英町に「万字交通センター」がある。市役所出張所も入居している公共施設のようだ。 万字地区の唯一の公共交通である、無料バス「市営万字線」のバス格納施設もある。
万字線 - 廃線跡Report - ホスティング/レンタルサーバー/ドメイン
志文~万字炭山(23.7km) 【主な駅】 志文、上志文、朝日、美流渡、万字、万字炭山 【沿 革】 1914.11.11 軽便線として開通 1919.11.11 朝日駅開業 1922.09.02 万字線に改称 1924.09.01 万字~万字炭山旅客開始 19
廃線跡の旅18・万字線 - @niftyホームページサービス
美流渡駅跡から程近い集落内に、岩見沢市万字線鉄道資料館がある。万字線は岩見沢市と栗沢町を通っていたため、近接して二箇所の資料館が近くにあるが、栗沢町は岩見沢市と合併したことから、今後どうなるのかが気になるところ
北海道の廃線<万字線>
上志文駅を出てからは、万字に向かう道路の近くを併走しており、畑の中に路盤跡がちらちら見える。 朝日駅 駅舎が残る万字線の中でも、駅舎だけでなく、駅構内がきれいに保存されている所。この駅裏にも炭鉱があったそうな。
「万字駅」万字線廃線跡・廃駅 | 北海道の鉄道廃線跡の旅
万字駅の駅前です。万字線もここまでくるとかなり高所になってきて、道のアップダウンがきつくなってきます。民家はまばらでしたが、私が想像していたよりもずいぶん多くあるなと感じました。 北海道の現役の駅ではもっと民家の
万字線 - 屍の駅 - 格安 レンタルサーバーのTOK2
(志文) 0.0 1914.11.11 1999年8月 ホームの左側から万字線は出ていました 志文付近の跨線橋に残る「万字線」の文字/畑の中を廃線跡がまっすぐ通っています。
廃線研究所 国鉄万字線 概要 - おがえもん.com廃線研究所TOP
国鉄万字線 調査ページ 表紙・説明 現地調査1 志文~朝日 現地調査2 朝日~万字 現地調査3 万字炭山 国鉄万字線 駅名一覧 志文(室蘭本線) 上志文 朝日 美流渡 万字
万字線・夕張鉄道廃線跡 - FC2ホームページデフォルトページ
万字線・夕張鉄道廃線跡 万字線廃線跡 国鉄万字線は大正3年に志文駅から万字炭山まで開通。 昭和60年3月に廃止。 函館本線から分岐する志文駅 旧朝日駅 このあと万字炭山方面から峠を越え、夕張市街へ。 夕張メロン城
万字線跡
~万字線~ 85年3月に廃止された万字線 美流渡駅以外は駅舎が残っています。万字駅駅舎は簡易郵便局として使用されています。 朝日、万字駅はホームも残っています。鉄橋跡はほとんどが取り壊されてます。 廃線跡を終点万字炭山
[61℃] 国鉄万字線 - @niftyホームページサービス - ホームページ
いずれも1997年8月 Minolta α-507Si Sigma 24-70mm Fuji G400 参考文献 鉄道廃線跡を歩く 宮脇俊三編著 JTB 1995年 鉄道廃線跡を歩くIV 宮脇俊三編著 JTB 1997年 鉄道廃線跡を歩くVI 宮脇俊三編著 J