萬世大路・大滝宿(国道13号線旧道、万世大路、栗子隧道)

萬世大路(ばんせいたいろ)とは国道13号の愛称であるが、ここでは福島県と山形県を結ぶ国道13号線旧道をさす。

1876年(明治9年)、当時としては異例の大規模工事として着工された。途中には苅安、栗子山、二ツ小屋の3本の隧道を含んでいたが、中でも県境に掘られた栗子山隧道は866mという当時としては考えられないような長大な隧道であり、地盤の固さとあいまって難工事となったが、奇跡的にも1名の死者も出さず日本最長の隧道として完成した。

1881年(明治14年)の開通式の際、これに参加した明治天皇により、「萬世ノ永キニ渡リ人々ニ愛サレル道トナレ」という願いを込めて萬世大路と命名された。

1933年(昭和8年)から車道化改修工事が開始された。栗子山隧道も改修され、隧道名も栗子隧道と改称された。

1966年(昭和41年)5月に現在の栗子道路が開通し、県境付近が付替となった。その後も改築工事がすすめられ、1970年(昭和45年)に福島市内の信夫山トンネルを含む区間が開通して、全線の付け替えが完了した。

1972年(昭和47年)、廃止区間にあった栗子隧道が落盤により閉塞した。

この萬世大路の宿場町として栄えたのが大滝宿である。1877年、萬世大路建設の拠点として入植が始まり、その後は宿場町となった。次第に役目が薄れ、炭焼き集落となったが、1979年に廃村。現在は茶店などができて、観光地化しようという動きもある。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

萬世大路・大滝宿(国道13号線旧道、万世大路、栗子隧道) 住所

山形県米沢市万世町刈安

萬世大路・大滝宿(国道13号線旧道、万世大路、栗子隧道) 種類

廃道

萬世大路・大滝宿(国道13号線旧道、万世大路、栗子隧道) 画像

萬世大路・大滝宿(国道13号線旧道、万世大路、栗子隧道) 写真・ブログ・リポート

その2
隣まちの廃墟キラー、まるだし氏と万世大路へ行ってきた。 私は、ブレーキが壊れ 二 ツ小屋隧道を抜けた二人は栗子隧道へ向けて再び歩き出す。 そういえば二週間 くらい前に福島市主催で歩け歩け大会があって、隧道まで人がいっぱい行ったぞ。 バス 二台
万世大路 栗子隧道
明治14年に「栗子山隧道」として開通したが、今の姿は昭和11年の改修後のもので「 栗子隧道」と名を変えている。昭和41年の新国道開通により廃道化し、その6年後には 大規模な落盤のため通り抜けが出来なくなっている。黒ずんだ胸壁には二ツ小屋隧道に 見
廃道日記8/旧国道13号線 栗子隧道山形側
そして、隧道。 これは遺構というには、あまりに現実的である。 廃道となって久しい旧道 13号線。 福島側に比べて、その改良は主に 起点は新沢橋東岸とされ、新沢橋の 掛け替えから始まる昭和の大改修は、最終的に二つ小屋隧道や栗子山隧道の拡幅 及び
廃道日記10/万世大路3/福島抗口
この前後に、ふぉるくろーろ氏から「バイクで逝けるよ栗子隧道」と言われ、1組の写真を 見せられる
『廃道ナイト(4)よん!~納涼!節電!!廃隧道で夕涼み~』ライブ
2011年9月3日 廃隧道で夕涼み~』ライブレポート:毎回即完売の異常超人気の世界に一つだけの廃道 好きの大集会! . さすがにコレでは本当に企画倒れになってしまうのでヨッキ氏は 温度計を抱えて廃隧道界の聖地である栗子隧道へと向かった。
万世大路 福島県-隧道-廃道-林道
この栗子隧道の開削工事は、立ちはだかる固い岩盤に困難を極めました. 明治13年10 月19日に貫通、当時日本で最長のトンネル(約870m)で 当時としては驚くべき長さにも かかわらず. 東西から掘削された隧道は少しもずれることなく合わさり、測量と設計技術
道路レポート 万世大路 <残された謎> 高平隧道と大桁隧道
2007年7月2日 少し大袈裟だが、山間部の電線を見たらそこに旧・廃道・古道の類在りと考えてもいい くらいだと思う。 なお、かつて万世大路の宿場として明治期に名の知られた大滝宿も いまは廃村となっており、既にこの上流に集落はない。 一面の笹藪となっ
万世大路 大瀧村(廃村) - なんとなく - Yahoo!ブログ
2008年7月15日 万世大路の宿場の中でも最も栄えたものの一つである大滝宿の跡でした 万世の長き にわたって この道路が人々の役に立つように」 もう一度よく調べてから訪問したいと 思います廃道、廃村惹かれますポチありがとうございました(^-^)
大滝
大滝宿はその栗子峠下の宿場で、完成後は人馬が行き交い賑わいを見せた。しかし、 奥羽本線が板谷街道に沿って敷設された後は徐々に廃れていった。万世大路は国道13 号線に変わり栗子トンネルによって幹線道として整備されるものの、沿道の大滝宿には
CHANTO -ちゃんと-
万世大路. ■山形と首都圏を結ぶ明治の一大道路整備事業、万世大路(ばんせいた いろ) 開通当時の交通量は、通行人は一日あたり110人余り、小荷駄(こにだ)**・ 馬車40台と記録されており、大滝宿などの宿場や運送会社も栄えたそうです。 これほど の
旧道レポート 旧国道13号線 万世大路
明治天皇によって、「万世の長きにわたって この道路が人々の役に立つように」との 天皇の意で「万世大路」の名を賜りました。 開通後は馬車も悠々と通れる そして、誰 も通らなくなってしまった万世大路は廃道化、栗子隧道が内部崩落を起こして34年、. 旧道はほぼ完全に人々の 全く新たに福...
その2へ
万世大路 大瀧宿. 7)見晴台 「すずめのお宿」から、旧道向かい側の石段を登る。 そこに はなにやら記念碑があるらしい。 神社もあるようだ。 「大滝記念碑」 その文面を1字1句 読んではいないが、日付から考えると、最後の住民が村を離れたときに建てたようで
万世大路 大滝宿
栗子隧道 地図. 万世大路(1) 大滝宿 2004年5月9日 さらに進むと万世大路は 完全に廃道となりこのような構造物も見られた. 【大滝宿跡】. 続いて向かったのは万世 大路の宿場の中でも最も栄えたものの一つである大滝宿の跡である。 万世大路とともに
万世大路~国道13号線 旧道 大滝宿諸説
大滝宿諸説 明治14年、三島通庸によって開削された万世大路。 その建設基地にもなっ た集落が大滝宿です。 集落成立の発端としては明治10~12年頃に山林の 万世大路 沿いの宿場として物資の輸送、人馬の交通が耐えることは無く大変な賑わいを見せた そうです。 板谷街道に代わる一大幹線道路沿...
万世大路
山形県米沢市~福島県福島市2007・11・10 来訪. くらいあな みんなではいれ それでも廃道トレックをさせるとは随分マニアックな学校だ。 このレールは隧道坑口 手前を横断するように存在している 一体何故こんな物がここに存在しているのか? MR 氏の
万世大路~国道13号線 旧道 諸説
万世大路諸説 国道13号線は福島県福島市~秋田県秋田市までを結ぶ幹線国道です。 その中でも福島県福島市と山形県米沢市を結ぶ 栗子隧道の崩落から約40年、廃道 化した峠部分およびそこに至る旧道と合わせてレポートします。 大滝宿諸説~, ■
大瀧宿(1)
山形・福島県境・栗子峠の福島側にある大瀧宿は、明治時代の万世大路工事のさいに 建設基地として作られた集落である。その後しばらくは宿場町として栄えた。明治32年、 奧羽本線が開通すると、通行者が激減し、宿場としての機能はなくなってしまったが、
万世大路 米沢側
【日本の道】というサイトに栗子山隧道の在りし日の姿(石版画)があります。 なんという 万世大路、栗子隧道、大瀧宿を訪ねてみて、そこに関ったすべての人々の苦労、 悲しみ、喜びを思い描き胸熱くなった。 結婚式に 万世大路は本物の廃道です。入ら ない方
廃村大瀧宿へ
大瀧宿は明治10年、万世大路建設基地として誕生した。 私も先ほどのレポで栗子隧道 福島側を紹介したが、見ての通りの難所・栗子峠越えを控えた宿場町であった。 しかし 明治32年に板谷を抜ける奥羽本線が開通、客足が途絶え宿場町としての機能を失った
大滝宿跡 - 気ままよろず日記 - Yahoo!ブログ
2012年9月16日 しかし、この国道13号線、即ち万世大路は、冬期の栗子峠の通行止めがネックとなり、 1966(昭和41)年、新たに峠をトンネルで抜ける現在の国道13号線が新たに開通し、 大滝宿から栗子峠を越える万世大路は廃道となります。