北恵那鉄道線(木曽川橋梁)

北恵那鉄道線(きたえなてつどうせん)は、かつて、岐阜県中津川市の中津町駅と、恵那郡付知町(現中津川市付知)の下付知駅を結んでいた北恵那鉄道(現北恵那交通)の鉄道路線である。愛称は「恵那電(えなでん)」。

1978年(昭和53年)9月18日 廃止。

地図は岐阜県中津川市の木曽川に架かる木曽川橋梁(きそがわきょうりょう)。取り壊されることなく、現在も当時の姿をとどめている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

北恵那鉄道線(木曽川橋梁) 住所

岐阜県中津川市瀬戸

北恵那鉄道線(木曽川橋梁) 種類

廃線・鉄道駅

北恵那鉄道線(木曽川橋梁) 画像

北恵那鉄道線(木曽川橋梁) 写真・ブログ・リポート

廃線探索 北恵那鉄道
鉄道線の栗本駅 - 美濃下野駅間の廃線跡。 ⑲ 北恵那鉄道線の栗本駅 - 美濃下野駅間の廃線跡。 ① 北恵那鉄道線の栗本駅 - 美濃下野駅間の廃線跡。仙人の家?(笑) ③ 北恵那鉄道線の栗本駅 - 美濃下野駅間の廃線跡。廃線脇に小さな瀧が・・・ ④ 北
北恵那鉄道廃線跡を訪ねて
終点の下付知には森林鉄道が接続し、また中津町の先では国鉄線に接続していたこと が貨物輸送を主目的としていたことを物語っている。 現在は北恵那交通と社名を変え、 バス、 地図上にマウスポインターを置くと北恵那鉄道線を表示します. 廃線跡現況
北恵那鉄道
これはもう30年近くも昔の光景ですが、今は無き、北恵那(きたえな)鉄道の、晩年の姿 をお目にかけましょう。 元来、この地方は、木曽檜で この木曽川橋梁は、当線最大の 立派なトラス橋で、廃線後の今でも残されているそうです。 恵那峡口(えなきょうぐち)
廃線探索 北恵那鉄道線-2
2011年7月16日 北恵那鉄道線(きたえなてつどうせん)は、かつて、岐阜県中津川市の中津町駅と、恵那 郡付知町(現中津川市付知)の下付知駅を結んでいた北恵那鉄道(現北恵那交通)の 鉄道路線である。愛称は「恵那電(えなでん)」。福澤桃介が経営する
北恵那鉄道 - The Ruins of Rail --- 廃線跡を旅する
そして北恵那鉄道の生まれ変わりになるはずだった下呂線も、仮に完成しても特定地方 交通線級の輸送量しか見込めないということで、用地買収を 駅跡を出ると、廃線跡は ほんのわずかの間サイクリングロードになっただけで、すぐに荒れ放題の状態になる。
廃線探索 北恵那鉄道線-1
2011年7月17日 北恵那鉄道線(きたえなてつどうせん)は、かつて、岐阜県中津川市の中津町駅と、恵那 郡付知町(現中津川市付知)の下付知駅を結んでいた北恵那鉄道(現北恵那交通)の 鉄道路線である。愛称は「恵那電(えなでん)」。福澤桃介が経営する
TABLET 83 北恵那鉄道の歴史
北恵那鉄道は中央本線中津川駅から出発して木曽川を渡り、更に木曽川の支流である 付知川に沿って北上して恵那郡付知町の 化等が行われたものの、その性能が重宝 され、うち1両は電気機関車代用として木造車ながら1978年の廃線時まで使用された。
北恵那鉄道
東海廃線ファイルNo.1 北恵那鉄道【中津町~下付知・1978年[昭和53年]9月18日廃止 】 (中津町~山の田川・2001年2月取材). 北恵那鉄道は中津町(岐阜県中津川市)から 、木曽川支流の付知川に沿って下付知(岐阜県恵那郡付知町) までの間22.1kmを
北恵那鉄道1
北恵那鉄道. 北恵那鉄道が走っていた付知川流域は「裏木曽」と呼ばれ、隣接する木曽 と並ぶ高級ヒノキの名産地です。 中津町駅跡は北恵那交通や王子板紙(当時は中央 板紙)の駐車場に。途中から先は 廃線跡を利用した農道が尽きると藪の中。護岸の
【廃線探索】北恵那鉄道 - ものぐさ旅の途中 - Yahoo!ブログ
2012年7月1日 ぷらっと、中津川のあたりを訪ねた。 そこには、廃線になった北恵那鉄道が走っていた。 昔は、何も考えずにふら~と出かけることが多かった。 両親は、こんな息子に当惑し ていたのかもしれない。この場所、今も避暑で良く訪ねるが、もう廃線
廃線-稲荷橋・下付知
廃 線 巡 り 北恵那鉄道 [稲荷橋・下付知]. この写真は、 えふさんによって撮影されました 。 旧稲荷橋駅全景. かつての稲荷橋駅は、ホーム一本に木造の待合室が設けられて いる簡素な駅であったが、北恵那鉄道の全廃以降もずっと残っている数少ない史跡で
北恵那鉄道 木曽川橋梁【廃線】(岐阜県中津川市) 2014年1月1日
北恵那鉄道 木曽川橋梁【廃線】(岐阜県中津川市) 2014年1月1日. 今日は、北恵那鉄道【廃線】へやってきました。 DSC02481.jpg 今回のお目当ての木曽川橋梁のだいたいの場所です。
【182】 北恵那鉄道14:その廃線跡(12)中津町駅 昭和の鉄道員ブログ
昭和の鉄道員ブログの【182】 北恵那鉄道14:その廃線跡(12)中津町駅に関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)北恵那鉄道廃線跡の続きで、今回が最終回になります。この鉄道に関する直前の記事は「【180】北恵那 
【180】 北恵那鉄道13:その廃線跡(11)中津町へ 昭和の鉄道員ブログ
昭和の鉄道員ブログの【180】 北恵那鉄道13:その廃線跡(11)中津町へに関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)この鉄道に関する直前の記事は 【178】 北恵那鉄道12:その廃線跡(10)木曽川鉄橋 です。
迷盤な日々 // 北恵那鉄道廃鉄橋
↑写真は苗木城からの眺め。奥の大きな橋が我々が渡った玉蔵大橋で、手前のショボいのがその北恵那鉄道木曽川橋梁です。先日の記事の通り、この苗木城では恵那山などの絶景を堪能しておったわけですが、その折、俺様はとんでもないものを見つけてしまいました。
北恵那鉄道 廃線【旧木曽川橋梁】 | 村雨哀歌-MurasameElegy-
苗木城から見えたこの橋を目指したいと思いますまず苗木城を降り誰も通らない林道を歩きます上を見ると謎のガーター橋が見えてきました橋梁名不詳ですがこれが北恵那鉄道の廃線跡ですさて、見えてきました木曽川橋梁です第一木曽川橋梁玉蔵橋梁などと呼んだりします木曽川には木曽
北恵那鉄道廃線跡を訪ねて - nifty
廃止鉄道ノート東海 · 減速進行付知川沿いの木材搬出を目的として建設された鉄道。木曽川での水力発電用ダム建設から派生した事業だったため、初代社長には当時電力王と呼ばれた福沢桃助が就いている。終点の下付知には森林鉄道が接続し、また中津 
北恵那鉄道廃線跡 - nifty
駅名, 営業キロ. 中津町, なかつまち, 0.0. 恵那峡口, えなきょうぐち, 1.4. 山之田川, やまのたがわ, 3.7. 苗木, なえき, 5.6. 上苗木, かみなえき, 6.5. 並松, なみまつ, 8.5. 関戸, せきと, 9.9. 美濃福岡, みのふくおか, 11.4. 栗本, くりもと, 13.0. 美濃下野, みのしもの 
北恵那鉄道廃線跡調査
2010年7月25日 路線概要. 北恵那鉄道は、岐阜県東濃地方、中央本線の中津川駅に隣接した中津町駅から、付知川に沿って下付知までの22kmを走っていた北恵那鉄道線をメインに運営していた私鉄。今回はこの北恵那鉄道線の廃線跡を見てきた。
北恵那鉄道 木曽川玉蔵橋梁 - 今日は撮影日和
ただ電化が災いし、廃線間際の5年ほどは最強の合理化として昼間の運行を止めてバス代行にしたという、もはや存在意義すら危うくなった末期だったよう これが1978年9月、廃止年月の交通公社発行の時刻表の北恵那鉄道のページという