福岡第一飛行場(雁ノ巣飛行場)

福岡第一飛行場は福岡県糟屋郡和白村(現在の福岡市東区)雁ノ巣にあった飛行場。通称雁ノ巣飛行場

1936年(昭和11年)開港。最盛期には大日本航空によって朝鮮、台湾、中華民国、東南アジアへの路線も開設され、戦前における日本最大の民間国際空港であった。

戦後はアメリカ軍に接収され「ブレディ飛行場」として主に輸送部隊の飛行場として使用され、その後「雁ノ巣空軍施設」として在日米軍に提供された。1965年(昭和40年)から通信傍受用の大型アンテナとオペレーション施設の建設が始まり、事実上飛行場としての機能は終焉した。アメリカの国防予算と海外展開兵力の削減によって施設は閉鎖され、飛行場部分は1972年(昭和47年)、雁ノ巣空軍施設全域は1977年(昭和52年)に返還された。

跡地は福岡市雁の巣レクリエーションセンター、福岡航空交通管制部(福岡ACC)および航空交通管理センター(ATMC)として整備されている。

海岸に水上機用の滑走台が残っているほか、2002年(平成14年)まで格納庫が残っていた。現在も格納庫床のコンクリートは確認できる。

地図は滑走台(スリップ)跡。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

福岡第一飛行場(雁ノ巣飛行場) 住所

福岡県福岡市東区雁の巣

福岡第一飛行場(雁ノ巣飛行場) 種類

空港・飛行場

福岡第一飛行場(雁ノ巣飛行場) 画像

福岡第一飛行場(雁ノ巣飛行場) 写真・ブログ・リポート

福岡第一飛行場跡(1/2) - 気ままよろず日記 - Yahoo!ブログ
先週訪れてみた“福岡第一飛行場跡”。漸く記事ができたので、少々遅くなりましたがUPさせていただきます・・・現在は福岡市の内陸に位置する“福岡国際空港”。国内線は勿論のこと国際線も乗り入れており国際空港として機能しているが、ここは、終戦直前の1945(昭和20)
福岡第一飛行場跡 | 九州ヘリテージ フィールドノート
福岡第一飛行場は1936年に開業。陸上にある普通の滑走路に加え、水面から離陸する水上機にも対応できるよう、海(博多湾)に飛行機を降ろすスリップを持っていました。戦後は米軍の基地として使われ、1972年に返還。その後は運動公園となり現在に至っています。
廃墟&近代化遺産(福岡第一飛行場跡):響とバイクと山遊び:So-netブログ
海中にまっしぐらに伸びる一本のスリップ(水上機用斜路)ココは福岡市にある福岡第一空港跡。福岡均衡の市民には有名な海の中道のある志賀島の付け根にその空港跡はあります。ソフトバンクホークスの2軍の練習場である雁ノ巣球場から海沿いを歩いてると飛行場の跡らしきものが見
雁ノ巣飛行場の水上機滑走台跡 | Y氏は暇人
アイランドシティ側から海の中道大橋を渡ってすぐの福岡市東区大字奈多(雁の巣)に雁ノ巣飛行場の水上機滑走台跡が残っています。スポンサードリンク大きな地図で見る▲場所は上記地図の緑色の矢印の部分です。雁ノ巣飛行場(正式名称:福岡第一飛行場)は1960年代まで存在し

福岡第一飛行場(雁ノ巣飛行場) キーワード

合併 福岡市 雁ノ巣飛行場