雄別炭鉱病院

雄別炭鉱病院は北海道釧路市の雄別炭鉱にあった病院。回り斜廊、螺旋のスロープで知られる。

当初は木造建築だったが、後に現存する建築に建て替えられる。建築中の1968(昭和43)年9月に旧施設で火災が発生。同年12月に新施設が完成。1970(昭和45)年、雄別炭鉱閉山。それから程なくして病院も閉院となったと思われる。

心霊スポットとの噂もある。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

雄別炭鉱病院 住所

北海道釧路市阿寒町雄別

雄別炭鉱病院 種類

廃病院

雄別炭鉱病院 画像

雄別炭鉱病院 写真・ブログ・リポート

雄別炭鉱病院 ~ 心霊スポット? - 炭鉱(道東)
雄別炭砿病院の回り斜廊、螺旋のスロープ。この『回り斜廊』は病院の中央に配置され、患者が危険な階段を使わずに一階~三階にある病室・診療室間を、緩やかな斜廊で最短移動出来るという機能的に大変優れたもので、当時の最先端であろうバリアフリーの概念を取り入れた先進的な病
廃病院 - 01 ~ 冬の雄別、炭鉱町跡 - 炭鉱(道東)
雄別炭砿病院何度も来ている場所だが、雪が残る真冬に来たのは今回が初めて。そしてこれまでとは違い、病院の見取り図が頭にインプットされている。…と言うわけで、ポイントを押さえて手短に病院内部を探索した。私自身、縁もゆかりもない雄別地区。せいぜい出身者が周囲に数名居
雄別炭鉱跡/3 病院跡 その1 | 残影
大煙突より奥にダートを進むと、通洞への案内が出ています。通洞への案内に従い森の中と歩いて進むと、タイル貼りの外装の変わった建物が残っています。最初この建物は、アパートか学校か?と思っていました。玄関を入って目の前に、半円の不思議なバルコニーとスロープがあります
雄別炭鉱病院1
北海道廃病院物語雄別炭鉱病院編今から約10年前釧路のとある高校での会話である・・・友人「なあトレゾー、雄別って所知ってるか?」私「いや・・・なんだそれ?」友人「阿寒の方にある元炭鉱で、今は誰もすんでいないゴーストタウンだって話だ」ゴーストタウン・・・凄い響きだ
雄別炭鉱廃墟 雄別炭鉱病院
雄別炭鉱病院へ侵入…一歩入るとそこは空気が違う。受付と思われる部分が落書きだらけになりながら出迎える。カウンターには千羽鶴が置いてある。周辺の床面にも多く折鶴が転がっていた。受付の向かい側には不気味な落書きがあった。淀んだ空気が一層、恐怖感を加速させる。防火シ
雄別炭鉱 - 探偵/探偵社/探偵軍団/探偵魂/スパイ日記/日本心霊
雄別炭鉱. 道東で最も有名な心霊スポットで、霊的現象が多数目撃されている。 【 噂 】 ・ 胆試しで、同所病院跡に向かう途中、車のボディーをドンドンと叩く音を聞き、町に戻ったときボディーの屋根には無数の手形があった。 ・ 胆試し帰り、少女の霊が車の直前に 
廃墟を旅する 【廃病院】雄別炭鉱病院
2010年12月10日 廃墟というべき廃墟、美しき窓枠 雄別炭鉱病院. 中村_9088_R 北海道釧路市、ここにもまたひとつの廃鉱山が存在する。それは「雄別炭鉱」。 1919年から炭鉱として開発が開始され、その後長い間石炭の産出地として栄えた。しかし、どの 
雄別炭坑病院 - FC2
雄別炭鉱病院. Yubetsu Coal Mine Hospital. 廃墟センサーが指し示す方向に、辛うじて車が走れるような道を進みながら、森の中をさ迷う。 ふと、滝の音が 病院機材どころか、壁もなくなりかけており、ほとんどコンクリだけになりかけている。 外から見ると、 
ゆるたん。 |雄別炭鉱探訪ー雄別炭鉱病院・前編
見つけられて良かった…!と同時に、建物の大きさに緊張感が走ります…((((;´・ω・`)))ここがかつての道?通洞の近くとは、労災時の負傷にもすぐ対応できる、というのを考慮されていたのでしょうか。何故か、正面から入るのを躊躇って裏口に回る。こういう場所って、な
雄別炭砿病院(其の一) - じゅん☆ブログ
昨日の雄別商事近くの裏道を山側へしばらく進んで行くと、この雄別病院が姿を現します。鉄筋コンクリート二階建ての結構大きな建造物です。昭和40年頃まで木造だったのですが、火災があったため建て替えられたとのコトです。こちらが病院の入口です。内部は荒れていて落書きだら