海軍第三火薬廠(ロシア病院、舞鶴市)

ロシア病院

海軍第三火薬廠は、京都府舞鶴市にある海軍省直属の兵器工場跡。正式には海軍第三火薬廠朝来工場砲煩谷22工場の一部である。

かなり広い地域に煉瓦造りなどの遺構が点在している。廃墟ファンには「ロシア病院」の名で知られる。

この工場では炸薬や爆薬を成型しており、戦艦大和の砲弾を作っていたとも、人間魚雷「回天」の弾頭を作っていたとも言われる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

海軍第三火薬廠(ロシア病院、舞鶴市) 住所

京都府舞鶴市白屋

海軍第三火薬廠(ロシア病院、舞鶴市) 種類

軍事施設・戦争遺構

海軍第三火薬廠(ロシア病院、舞鶴市) 画像

海軍第三火薬廠(ロシア病院、舞鶴市) 写真・ブログ・リポート

舞鶴第三火薬廠: Ever Green Forest -- blog
2008年12月15日 一般にはなぜか「ロシア病院」と呼ばれることが多い舞鶴の第三火薬廠の一部。廃墟で ある。なぜか書籍「舞鶴の近代化遺産」にも紹介されておらず、このことから、かえって「 ロシア病院」という言葉を蔓延させているのかもしれない。 かなり広い
第三火薬廠(舞鶴市)
第三火薬廠の廃墟 朝来谷には戦前までバカでかい海軍第三火薬廠があった。 今の 日本板硝子工場や舞鶴工専、グリーンスポーツセンター・山麓公園などはその跡地の一 部に戦後建てられたものである。 第三火薬廠?そんな物があったのか。このあたりを よく
北近畿文化財建築めぐり
廃墟となっていたものを、平成16年度に改修。施工は大滝工務店で 京都本店(旧松村邸) C: 日藤第1・第2トンネル D: 大庄屋上野家 E: 舞鶴赤れんが博物館 F: 海軍第三火薬廠 炸薬成形工場(「ロシア病院」) きのう(4月16日)
The Decadent World
旧海軍第三火薬廠跡、通称「ロシア病院」 ロシアでもなければ病院でもない。ロシア病院、その由来は不明。 巨大工場の一角で人間魚雷回天の頭部に取付ける九八式爆薬の成型作業も ここで行われていたらしい。
せめて休日には感動を
2011年10月24日 第三火薬廠 Ⅰ. 舞鶴にある旧日本海軍の施設、第三火薬廠を紹介します。 解説引用 『 第三火薬廠は弾薬の成型と保管を行っていたようである この場所はロシア病院という 呼び名で廃墟愛好家達の間では広く知られていることと思います。
長浜火薬廠(舞鶴市長浜)
長浜 火薬廠 ( かやくしょう ) : 海軍火薬廠爆薬部: 海軍第三火薬廠 (舞鶴市長浜). ↓ ここが長浜。手前の海岸沿いの平らな所はすべて火薬廠の跡地である。空撮は坂根 正喜氏。朝来に較べれば狭いが、それでも結構な広さがある。写真の一番手前は今の
舞鶴 海軍第三火薬廠 向砲熕谷の地下式火薬庫に入った: Ever Green
2010年6月6日 舞鶴 海軍第三火薬廠 向砲熕谷の地下式火薬庫に入った. Img_1114 5月5日にこの 遺構を見つけたのだけれど、水が深く溜まっており、長靴では無理で中に入るのは諦め たのだが、その後、べーさんのご教示などにより、ウェダー(胸までの
丹後の伝説32:第三火薬廠、他
朝来校の「土管」など 朝来谷と岸田篤翁 朝来の地名の意味 馬田の伝説(舞鶴市吉野) 狐狩・嫁の臀はり(舞鶴市大波上) 木辺久左衛門(舞鶴市大波下) 白屋の土地取り上げ 第三火薬廠 住民の目線で記録した旧日本海軍第三火薬廠 人間魚雷「回天」の製造
舞鶴 第三火薬廠 検査場(鋳造成形工場): Ever Green Forest -- blog
2008年12月28日 舞鶴 第三火薬廠 検査場(鋳造成形工場). Img_1021. つづいて、高専の北東側の検査 場の 住民の目線で記録した旧日本海軍第三火薬廠」の地図で、溶酸破砕場と示され ているあたりにあった構造物。この2つは形はよく似ているが、構造は
海軍第三火薬廠: Ever Green Forest -- blog
2009年11月2日 海軍第三火薬廠. 11月1日、舞鶴のIさんと、『住民の目線で記録した旧日本海軍第三 火薬廠』の著者である関本長三郎さんと3人で舞鶴市朝来の第三火薬廠跡に行った。 ほんとは、この日舞鶴市主催の火薬廠をめぐるハイキング会が予定され
舞鶴第三火薬廠 乾燥谷 25工場: Ever Green Forest -- blog
関本さんの本「住民の目線で記録した旧日本海軍第三火薬廠」の地図によると「爆薬乾燥置場」のように思えるが判然としない。(地図C). Img_0954 内部の様子。右側に見える壁は仕切りではあるが閉じていない。壁の向こう側は冒頭の写真で 
舞鶴第三火薬廠 砲熕谷22工場の奥部の遺構: Ever Green Forest -- blog
奥側の「ロシア病院」のすぐ奥に、この「粉薬一時置場」がある(地図A)。進駐軍に接収されたときに振られた番号が394番である。これは、関本さんの本「住民の目線で記録した旧日本海軍第三火薬廠」の裏表紙にイラストで描かれている遺構で 
舞鶴第三火薬廠 高専北側の蜜蝋関連施設: Ever Green Forest -- blog
舞鶴第三火薬廠 高専北側の蜜蝋関連施設. 関本さんの「住民の目線で記録した旧日本海軍第三火薬廠」の地図によれば、高専の北側には蜜蝋精製所や蜜蝋装填所といった蜜蝋関連施設が記載されている。 本日(2010.5.5)、このあたりを 
海軍第三火薬廠朝来工場検査場(鋳造成形工場)爆薬庫 411棟: Ever
大きな地図で見る. A:爆薬庫. 2009/04/05 建築, 近代化遺産-北近畿, 近代化遺産-第三火薬廠 | 固定リンク 記事に書かれた場所に関しては気づいていて、舞鶴に行ったときにテニスコートの横まで来たのですが、 砂利道の入口に「個人 
舞鶴第三火薬廠 隧道式地下火薬庫: Ever Green Forest -- blog
舞鶴第三火薬廠 隧道式地下火薬庫. Img_1010. 息子の年末回収を兼ねて、第三火薬廠を見てきた。 2008/12/27 近代化遺産-北近畿, 近代化遺産-第三火薬廠 | 固定リンク · Tweet · « 住民の目線で記録した旧日本海軍第 日(土)、舞鶴戦争遺跡探訪会を開催します。(2013.08.25); 舞...
ロシア病院:廃墟の階段
通称「ロシア病院」太平洋戦争中の第三火薬廠跡地です雪に阻まれこの先の建物には行けず入口の建物の外観のみ雪が消えたころリベンジ