石切八社主神社

石切八社主神社は、兵庫県姫路市にある神社。「IH主神社」等として紹介されていることもある。

戦後間もなく、大阪の実業家が私財で作った神社で、生きている人を御神体として奉っていたという。

現在は廃墟化し荒廃している。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

石切八社主神社 住所

兵庫県姫路市西脇

石切八社主神社 種類

廃寺・宗教施設・廃寺

石切八社主神社 画像

石切八社主神社 写真・ブログ・リポート

石切八社主神社 - 穴場の姫路
此方、石切八社主神社は今は閉鎖してしまった「姫路の心霊・廃墟スポット巡礼」で特集 されていた謎の廃神社の正体です。 正直、心霊スポットと言われても仕方がないかな・・ ・という雰囲気。 何せ本当に怖いんですよ。 入り口からいきなりそびえ立つ2つの廃墟。
廃色melancholy IH主神社 廃神社
2010年1月10日 廃墟探訪記や珍スポ探訪記、グルメや奇食を紹介していきます。 IH主神社 廃神社 この神社、謎が多く、村の新興宗教系神社のようですが、設立よりも古い碑が立ってい たり、神社の体をなしていなかったり、廃墟となった経緯が謎だったり
廃墟巡歴録 : 石切八社主神社
長閑な田園風景の一角に、まるで忌まわれ村八分の如く放置され、幽き神威も遂には潰えて空っぽの、其処に残るは寂寞の遺物。其れは、死して尚、迷惑千万の烙印鮮やかに、蕭索たる空気纏った廃神社である。