鉄道連隊演習線訓練用トンネル

鉄道連隊演習線訓練用トンネルは千葉県千葉市中央区にある旧陸軍遺構。千葉公園公園管理事務所そばの国道16号線沿いにある関係者駐車場に位置する。

鉄道連隊演習線は、日本陸軍の鉄道連隊が演習用に敷設した千葉県内の鉄道路線。現在の千葉公園は鉄道第一連隊の作業場だった。トンネルの他、公園内に橋脚跡が残る。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

鉄道連隊演習線訓練用トンネル 住所

千葉県千葉市中央区椿森

鉄道連隊演習線訓練用トンネル 種類

軍事施設・戦争遺構

鉄道連隊演習線訓練用トンネル 画像

鉄道連隊演習線訓練用トンネル

鉄道連隊演習線訓練用トンネル 写真・ブログ・リポート

鉄道連隊演習線トンネル: たなぼた
ここは千葉県中央区にある千葉公園というところ。右手の緑がその千葉公園で、道路を跨ぐチューブのようなものは千葉モノレールの「千葉公園駅」になる。戦争遺跡を求め、そのさらに奥を探ってみる。公園の事務所の建物の隣に、古びたコンクリートポータルのあるのが道路からも見え
陸軍鉄道連隊 演習線工事訓練用トンネル 戦争遺跡ガイド
現在の千葉市内千葉公園付近一帯は、旧陸軍鉄道連隊が明治41年(1908)、旧千葉町都賀村と津田沼町に設置され、大正7年(1918)の改編により千葉町に鉄道第一連隊、津田沼町に第二連隊が設置されたためこの周辺には、その遺構が散見されます。この筒状のコンクリートの
陸軍鉄道連隊の遺構を探る
千葉公園のなかには、陸軍鉄道第一連隊の演習場(作業場)があって、演習線のトンネルや、架橋訓練用の橋脚、演習線のウインチ台がある。橋脚は、高台と低地という土地の高低差を利用して、高台の縁辺に低い橋脚を置き、台地下に高い橋脚を置いて、鉄橋を作る訓練をした名残りであ
千葉都市モノレール沿線軍事遺跡めぐりリターン~後編 : デウスエクスマキな食卓
これは鉄道連帯が架橋演習に使用した橋脚の一部で、案内プレートがあるからわかるものの、この部分だけではなんだかよくわからない。しかしこのモノリスの存在を知ると、この一帯に所々顔を出しているコンクリート片も橋脚の一部とわかってくる。山側から池のある窪地にかけて急勾
千葉県千葉市 鉄道聯隊演習線 工事訓練用トンネル。( 自転車 ) - 水辺の土木遺産 - Yahoo!ブログ
モノレール脇の公園入口、公園管理事務所棟の隣に一体何があるのか?というと、既にタイトルに書いてしまったのでお分かりいただける通り、鉄道聯隊の工事訓練用トンネル。……というか、ドライブに付き合わせた友人には申し訳ないのですが、公園内にあるつもりで友人を引き回して