神奈川中央衛生試験所

神奈川中央衛生試験所は神奈川県横浜市南区にあった施設。1927(昭和2)年築。「K県教職員組合」等として紹介されていることもある。

ペスト検査所として建設され、衛生試験場、中央衛生研究所、戦後は神奈川衛生研究所となり、その後神奈川県公害センターとなる。

現在は神奈川県立高等学校教職員組合の表札が掲げられているが、同敷地内にある神奈川県埋蔵文化財センターが文書保管倉庫として利用しているらしい。

管理されており、廃墟ではない

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

神奈川中央衛生試験所 住所

神奈川県横浜市南区中村町

神奈川中央衛生試験所 種類

研究・実験施設

神奈川中央衛生試験所 画像

神奈川中央衛生試験所

神奈川中央衛生試験所 写真・ブログ・リポート

旧神奈川中央衛生試験所
旧神奈川中央衛生試験所(2014年05月)旧神奈川中央衛生試験所正面横浜駅から市営地下鉄ブルーラインに乗車し5つ目。「阪東橋」駅で下車して、徒歩約10分の所に、旧神奈川中央衛生試験所の古びた建物がある。昭和2年(1927年)建築の鉄筋コンクリート3階建てで、裏
K県教職員組合|一応、カンパネルラ
これ、文化財センターのHPからの案内図なんですが・・・・・(爆)古い建物って・・・・・間違ってはいないけどさ(笑)最初は、埋蔵文化財センターだと思ってました。建物そのものが埋蔵文化財って感じですけどね(笑)ここらは、元町から中村川をちょっと上流に上っただけなん
南区中村町にある廃墟のような建物の正体とは!?[はまれぽ.com]
市営地下鉄ブルーライン「阪東橋」駅から南へ徒歩約8分。中村川を越えた先に建つのが、今回の調査対象だ。遠目にも、古い建物だと即座に分かる初めて訪れたのにすぐにそれだと分かるのは、尋常ではない程に色あせた外壁のせいだろう。薄いというのとは明らかに違う、実際に何十年
旧神奈川中央衛生試験場 - テケリの廃徊録
神奈川県市営地下鉄ブルーライン『阪東橋』から歩くこと数分旧神奈川中央衛生試験場に行ってきました(倉庫?として使われているとかで廃墟ではないですこの圧倒的存在感素晴らしい門構え