豊富発電所

日本初の事業用ガスタービン火力発電所

豊富発電所は北海道天塩郡豊富町にあった発電所。出力2,000kW。サイロのようなユニークな形状をしている。

1957年11月1日に日本初の事業用ガスタービン火力発電所として運転開始。豊富町で産出される天然ガスが使用されていた。1977年4月10日廃止。

現在は稼働しておらず、ガス会社の所有となっている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

豊富発電所 住所

北海道天塩郡豊富町東豊富

豊富発電所 種類

廃工場・発電所

豊富発電所 画像

豊富発電所

豊富発電所 写真・ブログ・リポート

豊富ガスタービン発電所 | ちょっと探検な日記
先週、道北へ行った時に寄ってきました。日本で最初のガスタービン発電所(北電)昭和32年に建設されたものでドイツのエッシャーウイス社と技術提携してガスタービンの試作に乗り出した富士電機の発電プラントを導入運転に終止符を打ったのが、昭和50年9月出力は2000kW
大岬旧海軍望楼 北防波堤ドーム 豊富ガスタービン発電所
豊富ガスタービン発電所北の素朴な温泉街、豊富。この地域は入植者が無いときから各所でガスが噴出していた。油田開発中に温泉が湧き、大正末から湯治場として発展してきた。昭和32年11月1日、北海道電力株式会社が豊富ガスタービン発電所を新設したのがわが国最初の天然ガス
豊富ガス発電所 ガスタービン 豊富町 産業遺産 日本初の天然ガス利用による営業用ガスタービン発電所
豊富ガス発電所跡日本最北の温泉街“豊富温泉郷”から少し離れた所に、ロケットと桃のような形をした建物が見える。この奇妙な建物は、昭和32年、北海道電力株式会社が建設した、天然ガス利用による日本初の事業用ガスタービン発電所であり、当時は、クローズドサイクル方式と呼
豊富ガス発電所
豊富ガス発電所豊富にあるガス発電所。今は稼動しておらず、現役の工場が所有しています。北炭田関連での石油試掘中に発見されたそう。独特な形状の建物が楽しいです。2008年6月探訪産業遺産一覧に戻る