内大臣

矢部町立白糸第二小学校内大臣分校

内大臣(ないだいじん)は熊本県上益城郡山都町(旧・矢部町)の林業集落の廃村。

矢部町立白糸第二小学校内大臣分校があった。大正7年開校。1979年に白糸第三小内大臣分校となるも、1980年廃校。校門跡が残る。

内大臣製品事業所跡がある。

また小松神社の先にプール跡が残っている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

内大臣 住所

熊本県上益城郡山都町目丸

内大臣 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

内大臣 画像

内大臣 写真・ブログ・リポート

「廃村 千選」 ~ 熊本県 - FC2
熊本県矢部町の廃村 内大臣(Naidaijin)の分校跡です(平成21年11月)。 熊本県(旧国名は肥後)は,本土部と天草諸島に大別されますが,「廃校廃村」は本土部11ヶ所,本土部の離島1ヶ所,天草1ヶ所です。 ・鉱山関係の廃校 白糸第二小学校内大臣分校, (山都町) (注5) ☆は中学校が集落内にあ...
九州本土の廃村めぐりは 熊本から
白糸第二小学校(のち白糸第三小学校)内大臣分校は,へき地等級3級,児童数59名(S.34),大正7年開校,昭和54年休校,昭和55年閉校。道なりに坂を登っていくと,鮮やかな紅葉が眼に入り,その先には分校跡の門柱が見えてきました。広い校庭には雑木ではなく,規則正
平日なのに内大臣林道ツーリング - ビギナーズ3D - Yahoo!ブログ
この後は、内大臣事業所跡に行ってみました。白糸第二小学校(白糸第三小学校)内大臣分校跡です。鹿が遊んでいました。人が住んでいなくても木は大きくなります。この後は帰る事にしました。途中のコンビニで休憩しました。
九州脊梁山地縦走(ほっつき歩記放浪記)内大臣散策
内大臣の小松神社入口。小松神社へはこの橋を渡って行く。対岸には旧矢部町立白糸第三小学校内大臣分校跡が残っている。校庭の跡には桜の木が植えられ、遊具のタイヤが2個残っていた。馬子岳その姿からも険しさが分かる。馬子岳登山口は西内谷に架かる橋の手前から右へ入る。
内大臣リベンジ: ともひさのブログ
30年前に廃校となった白糸第三小学校内大臣分校跡校庭はシカの足跡だらけ、山のあちこちから鳴き声が響く成果が多くて満足だが、日頃の鍛錬不足の身にはかなりきっついなぁ…_ノフ○グッタリ14時頃に切り上げて熊本駅に出て、駅前の東横に宿泊近くの「黒亭」へ熊本ラーメン
白糸第三小学校内大臣分校跡 : PHOTRESBIENNE
内大臣集落跡の高台には分校も在りました。比較的綺麗な道を抜けると・・・校門が現れます。内大臣分校は事業所が開設した2年後の1918年に開校し、1980年に事業所と共に幕を下ろしています。こちらも事業所や住居同様、基礎部分しか残っていませんが・・・水飲み場には微