足尾銅山深沢集落

足尾銅山深沢集落は栃木県日光市の足尾銅山の居住区。

明治35年に全ての住居が全焼する大火があった。最盛期の昭和14年には84世帯、353人が住む大きな集落だったが、鉱山の衰退とともに人口は減り続け、1996(平成8)年に無人化した。

2011年初頭に一部の遺構を残し解体された。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

足尾銅山深沢集落 住所

栃木県日光市足尾町深沢

足尾銅山深沢集落 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

足尾銅山深沢集落 画像

足尾銅山深沢集落 写真・ブログ・リポート

足尾銅山、深沢集落廃墟群 その1|「そうだ樹海、行こう」 |←樹海| ┗(^o^ )┓三
足尾銅山の深沢地区は、江戸時代から間藤村(日光市足尾町間藤)の農耕地だったが、明治10(1877)年の古河が足尾銅山の経営をはじめてから発展していった。一年後には、深沢地区が日光と足尾を結ぶ運送路の足尾側起点になり、物資や人馬の往来が盛んになり発展していった。
くろべぇの廃墟 : 深沢集落 - livedoor Blog(ブログ)
足尾銅山の鉱山社宅が建ち並ぶ深沢集落。最盛期の昭和14年には84世帯、353人が住む大きな集落であったが、鉱山の衰退とともに人口は減り続け、平成8年、無人の地となった。※2011年初頭に一部の遺構を残し解体済み。明治35年に全ての住居が全焼する大火があった。足
REPORT - 0205│足尾銅山関連遺構・深沢地区|6Frogs - 行ってみたら凄かった。 │ 廃墟や廃村、秘境や遺構の調査レポート
この時に寄ったは良いけど写真をスッカリ撮り忘れていた場所が在った、それが今回紹介する「深沢地区」だ。廃村や廃集落の鉱山系モデルケースとしても興味深いこの居住区、少々詳しくお伝えしたいと思う。リンクした愛宕下地区同様、この集落も飛火の火事によって集落全体が焼失。
深沢集落1
深沢集落1先ほどの集落から少し歩くと、明らかにNOSTALGIA漂うこの物件が姿を現す。その古い建物に付いている、これまたNOSTALGIA漂う文字を読むと、「赤倉売店出張」とある。左上には、「COOP」の文字も。もちろん営業はしていないのですが、これは期待で
深沢(足尾町)
所在:日光市足尾町深沢地形図:足尾/足尾形態:川沿いに家屋が集まる離村の背景:産業の衰退標高:約700m訪問:2005年・2009年3月(写真はすべて2009年)渡良瀬(わたらせ)川の支流、深(ふか)沢の下流部にある。かつて足尾銅山で働いていた人々の社宅(古河
日本裏街道紀行―風と空と時と |足尾銅山深沢社宅(栃木県日光市足尾町深沢)
国内で産出される銅の4分の1を担い、日本近代化を支えた足尾銅山は、同時に多くの労働者によって支えられた。狭隘な山間には最盛期で3万を越える人が集まり、次々と社宅が建てられて活況をみせた。銅の産出が止まり、労働者が去った今、残された街の跡がかつての活況を記憶する
足尾銅山その25 - Anthology -記憶の記録-
集落そのまま廃墟になっていました。 101219_125156_900.jpg 案内板 101219_124407_900.jpg . 道玄坂の看板建築は長い事このままですが、いつまでなのでしょうね。 たくあん渋谷のお散歩その1(陸軍刑務所)>kozoh55さん
深沢社宅(解体済み) 足尾銅山 | 裏街POLKA
深沢社宅(解体済み)足尾銅山日本>関東地方>栃木県>日光市>足尾町>[訪問日]2009年01月18日[更新日]2016年07月26日COOP赤倉売店出張前から分岐している坂道を50mくらい登ると、深沢社宅跡に着く。更にま~っすぐ歩き続けると日光に着くらしい(徒
足尾銅山、深沢集落廃墟群 その1|「そうだ樹海、行こう」 |←樹海|  ┗(^o^ )┓三
足尾銅山の深沢地区は、江戸時代から間藤村(日光市足尾町間藤)の農耕地だったが、明治10(1877)年の古河が足尾銅山の経営をはじめてから発展していった。一年後には、深沢地区が日光と足尾を結ぶ運送路の足尾側起点になり、物資や人馬の往来が盛んになり発展していった。