塩江温泉鉄道(岩部トンネル)

塩江温泉鉄道(琴平電鉄塩江線)は、高松市仏生山から塩江の間をガソリンエンジンを載せたガソリンカーで走っていた鉄道。1941年に廃線になった。

路線は市道やサイクリングロードとして活用されているが、一部遺構が残っている。

地図は廃隧道として残る岩部トンネル。他、伽羅土トンネル第三香東川橋梁跡第四香東川橋梁跡などが見られる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

塩江温泉鉄道(岩部トンネル) 住所

香川県高松市塩江町安原上

塩江温泉鉄道(岩部トンネル) 種類

廃線・鉄道駅

塩江温泉鉄道(岩部トンネル) 画像

塩江温泉鉄道(岩部トンネル)

塩江温泉鉄道(岩部トンネル)

塩江温泉鉄道(岩部トンネル) 写真・ブログ・リポート

塩江温泉鉄道(失われた川東周辺)
この交差点を南に行ってはいけません。 鉄道跡は、香川町の出来る前の話し、線路はこの旧道を無視して走っていました。 そして、川東幼稚園の辺りに駅があったそうです。 この辺りは、廃線後、川東村の中心街となり、幹線道の拡張など、その後の開発で
廃線探訪・塩江温泉鉄道
今回はこの塩江温泉鉄道を自転車で訪問した。 仏生山工場横の留置線が塩江温泉 鉄道に繋がっていた線だ。いつもはここにも車両が留置されている。正面の道が廃線跡 だ。 この道のところどころには廃線跡であることを示す看板が設置されている。「ガソリン
塩江温泉鉄道廃線跡サイクリング 目次
塩江(しおのえ)温泉鉄道の廃線跡を訪ねて仏生山~塩江間を
塩江温泉鉄道(その1) - nifty
塩江温泉鉄道は1929(昭和4)年に開業しました。 軽便鉄道ではありますが、琴電の ゲージに合わせた1435mmの標準軌だったそうです。 非電化路線で走っていたのは ディーゼルではなくガソリンカーでした。 このガソリンカーにちなんで廃線跡の道路は「
香東川自転車道・最明寺~塩江温泉鉄道廃線跡サイクリング(4)
塩江温泉鉄道廃線跡サイクリング(4) 2003年2月9日(日) 目次 前ページへ 次ページ へ この自転車道が塩江温泉鉄道の廃線跡を一部分、利用したものだそうだが、 どこが廃線跡なのかはわからない。 この自転車道はここから高松方面へ香東川の川 沿いを
塩江温泉鉄道(琴平電鉄塩江線)|廃鉄の処女
2011年1月30日 しょうの廃鉄の処女の記事、塩江温泉鉄道(琴平電鉄塩江線)です。 鉄道廃線跡探索 の記録を中心に戦争遺跡・産業遺産・普通の観光ネタ・動物・HM/HRなどの話題を載せ ていきます。 注意:常識人・ステレオタイプの意見を持った方は見
廃線探索 琴平電鉄塩江線
2011年1月30日 1929年に琴平電鉄の子会社である塩江温泉鉄道株式会社(しおのえおんせんてつ どうかぶしきがいしゃ)の路線として開業したが、経営難により、のち親会社の琴平電鉄 に吸収合併されて同社の塩江線となった。1941年に廃線となっている。
ゆめねっと 鉄道廃線紀行 塩江温泉鉄道 ガソリン道
2010年5月30日 「いちごねっと」の塩江温泉鉄道廃線跡の探訪記録です.
塩江 旧・塩江温泉鉄道 始発駅から終着駅まで <第一回> - 塩江
2011年11月19日 塩江温泉鉄道を設立し鉄道の敷設を開始した 着工後昭和4年11月12日に仏生山~. 塩江間(16.1Km)を開業した 廃止後70年となる現在でも 各地に廃線遺構が残って いる 仏生山駅から香川町浅野に. かけては道路となっており当時の
鉄道廃線跡探訪 -塩江温泉鉄道- | ぶらり四国の旅 | 四国運輸局
とのことで、当時は「燃料輸送の引き込み線でもあったのかな?」程度で気にも留めてい なかったのですが、後年、鉄道廃線関連の書籍から、塩江温泉鉄道という鉄道がここに あり、内燃機関を用いた車両(ガソリンカー)が走っていたことを知ることとなりました。
廃線探索 琴平鉄道塩江線(しおのえせん)|歩鉄の達人のブログ
2008年11月26日 1929年に琴平電鉄の子会社である塩江温泉鉄道株式会社(しおのえおんせんてつ どうかぶしきがいしゃ)の路線として開業したが、経営難により、のち親会社の琴平電鉄 に吸収合併されて同社の塩江線となった。1941年に廃線となっている。
廃線跡の自転車道 塩江温泉鉄道跡 その3 - たかゆきの日々徒然
2013年8月2日 しばらく道なりに進んでいきます。 ちょっと廃線跡から外れちゃったような気がするなぁ… なんとか合流できました。 この自転車道が廃線跡なのだそうです。 しかし合流出来たとか言ってるそばから、ほかのものが気になります。 いやなんかよ 
琴平電鉄塩江線跡を訪ねて - nifty
琴平電鉄の系列として開業した塩江温泉鉄道。今では珍しいと 各地には「汽車道」「電車道」と称する廃線跡道路が多数あるが、「ガソリン道」と呼ばれるのは大変珍しく貴重な存在。 駅北に位置する琴平線車庫の一部は、当時塩江線用として使われていた。
ガソリン道・廃線を追って!: 旅のスナップ
高松琴平電鉄の仏生山(ブッショウザン)駅から塩江温泉まで伸びていた塩江温泉鉄道は、当時まだ珍らしかった「ガソリンカー」を走らせていたため、廃線になってからも、その一部の軌道跡を「ガソリン道」という名で残し、道路として使ってい 
終点塩江 塩江温泉鉄道跡 その5 - たかゆきの日々徒然 - Yahoo!ブログ
これは真っ直ぐ行くのが線路跡だったんでしょうか。 しかし明らかに庭先に続いています。 ちょっと真っ直ぐ行く勇気はありませんでした。 進めば進むほど風景は山深くなっていきます。 でも廃線跡なので勾配はさほどでもなく。 なかなか快適に 
仏生山駅からガソリン道へ 塩江温泉鉄道跡その1 - たかゆきの日々徒然
以前から気になっていた廃線跡を探索することに。 まずはことでん仏生山駅へ向かいます。 おぉ、留置線に琴平線カラーの600形! 長尾線への大型車両導入で琴平線に転属しているという話は聞いていましたが、 運転時間が平日ラ
伽羅土トンネル跡 塩江温泉鉄道跡 その2 - たかゆきの日々徒然 - Yahoo
ここはホントに廃線跡なのか。 だんだん不安になってくる頃、看板を見つけました。 あぁ、一応あってたのか… というかガソリン「みち」なんですね。 ガソリン「どう」だと思っていました。 廃線跡で遺構を探すには、何よりまずは橋梁跡。 橋台とか 
ガソリン道 ? : 旅のスナップ
昭和4年、ここ「仏生山」から、高松の奥座敷と呼ばれた「塩江温泉」とを繋ぐ「塩江温泉鉄道」が開通、その間16Km、12の駅で結んでいました。 ただ、まだ線路の電化が出来ていなかったため、全国でもまだ珍しかった「ガソリン・カー」を走らせ 
琴平電鉄塩江線跡を訪ねて - nifty
琴平電鉄の系列として開業した塩江温泉鉄道。今では珍しいと思われるガソリンカーでの運行だが、開業当時はこれが世の流れでもあった。 琴平線と同様の標準軌を採用したが、動力の違いからか最後まで直通運転することなく10数年の短期間でその使命を