北炭北海道支店石炭分析室

旧北炭北海道支店石炭分析室は北海道夕張市にる北炭の産業遺構。

北海道炭礦汽船株式会社北海道支店の設置後、石炭の品質改善、利用・販売促進、採炭技術の改良を目的に1919(大正8)年に支店の隣接地に建設された。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

北炭北海道支店石炭分析室 住所

北海道夕張市鹿の谷山手町

北炭北海道支店石炭分析室 種類

研究・実験施設

北炭北海道支店石炭分析室 画像

北炭北海道支店石炭分析室

北炭北海道支店石炭分析室 写真・ブログ・リポート

北炭北海道支店石炭分析室|HAJIの冒険記
北炭北海道支店石炭分析室夕張市鹿ノ谷にあるレンガ造りの建物石炭の品質改善、利用販売促進、採炭技術の改良を目的に1919年(大正8年)建設された。画像で見ての通り、かなり古い建物で雪による崩落が心配な建物です。2009年撮影
旧 北炭北海道支店石炭分析所・試料調整室跡 : 遠い記憶
旧 北炭北海道支店石炭分析所・試料調整室跡 2007年10月06 日・北海道夕張市鹿の谷山手町 北海道の産業遺産・廃墟撮影の記録 by mori-to_coa プロフィールを見る 掲示版 このブログ上の 全ての写真の無断使用を禁止します。
「紅葉の夕張へ!」冒険野郎スカRのブログ | 2017年も冒険の
旧北炭北海道支店石炭分析室 廃墟と化している。 石炭の歴史村にて 採炭救国坑夫像 坑口は手前は見学用の坑道の出口 その奥の坑口は旧北炭夕張炭鉱天龍坑坑口 昭和13年のガス爆発により多くの方が犠牲になったそうです