グランミューゼ湘南

グランミューゼ湘南は神奈川県横須賀市の国道134号線沿いにあった建設中マンション。「衣笠の心霊マンション」などとも呼ばれ、「グラ○ミューゼ○南」等として紹介されていることもある。

バブル期に建設の始まったリゾートマンションが建設途中で放棄されたという。心霊スポットなどと言われ、建設中に事故があり中断された、等と噂されていた。

2006年8月に解体された。

解体され現存していません

グランミューゼ湘南 住所

神奈川県横須賀市林5丁目

グランミューゼ湘南 種類

団地・住宅・別荘

グランミューゼ湘南 画像

グランミューゼ湘南 写真・ブログ・リポート

グランミューゼ湘南
地元では有名なこの建物。そう、心霊系で有名です。おそらく管理人室が出来る予定だったのでしょう寒々しいコンクリートのベランダです。そんなに荒れてはいないこの建物、思ったよりしっかりしてました。無機質なコンクリートは冷え冷えします・・・内装が出来ればほぼ完成。半円
廃墟ちゃんねるブログ【廃墟】 今昔物語 2
【神奈川県】グランミューゼ湘南(建築途中系廃墟)バブルの爪跡バブル景気1980年代後半、日本にはバブル景気という時代があった。資産価格の上昇と好景気、及びそれに付随して起こった社会現象である。実体経済から乖離(かいり)して資産価格が一時的に大幅に高騰し、その後
超魔界帝国の逆襲
神奈川県横須賀市の林と長井の間にある国道134号線沿いに建つマンション(グランミューゼ湘南)はですね、幾年も前から廃墟と新築を繰り返しているんですよ。というのもですね、このマンションの建設中に、事故が起き、2人の作業員が亡くなってしまい、建設が中止されてしまっ
グランミュゼ湘南
グランミューゼ湘南場所:神奈川県横須賀市カテゴリ:心霊スポット、廃墟ジャンル:マンション横須賀市三浦従貫道路の林IC付近にあった心霊マンションに訪れてみました。バブリーな時代に建設が始まったこのリゾートマンションは、景気の低迷により建設途中で放置されてました。
無題ドキュメント
この建物自体は90年前後のバブル期にリゾートマンションとして建設中だったらしい。2006年8月に建物は解体され、敷地の半分はコンビニ、建物があった辺りも再利用されるらしい。一説によると、沼-パチンコ屋-ラブホテル(後に廃墟化)-リゾートマンション(建設途中で廃
調査済物件 - 産業遺跡リスト - FC2
マンション グランミューゼ湘南. バブル好景気時代に、リゾートマンションとして建設 既に20年以上も廃墟のまま建ち続けているマンションで、『弘明寺のマンション』や『上大岡のマンション』などとも呼ばれています。何故か、中途半端に建築途中で放棄されてい