オーストラリア・ホール(Australia Hall)

オーストラリア・ホールAustralia Hall)はマルタ共和国のPembrokeにある病院跡。

第一次世界大戦中の1915年、赤十字オーストラリア支部によって建てられた。オーストラリア・ニュージーランド軍の戦傷者慰撫のための、レクリエーション施設・劇場だった。後に図書室が作られ、1921年には映写室が設置されて映画館としても使われた。

1978年、同地にあった英軍施設が閉鎖されたことに伴い、オーストラリア・ホールはマルタ政府および労働党に返還された。

1998年12月に火災が発生、天井が焼け落ちて廃墟化した。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

オーストラリア・ホール(Australia Hall) 国

マルタ

オーストラリア・ホール(Australia Hall) 種類

劇場・映画館

オーストラリア・ホール(Australia Hall) 画像

オーストラリア・ホール(Australia Hall) 写真・ブログ・リポート

海外の廃墟(マルタ)@赤十字オーストラリア軍の記念館 - スポンサー広告-海外の廃墟-
これもアパートの近くにあった廃墟。私のアパートはパーチビルなどの中心地から離れた場所にあるのだが、なぜこんなところにそんな記念館が・・・?ちなみに建設は1915年らしい。もう軽い遺跡である。内部は屋根が完全に倒壊しておりなにも残されていないが地中海の青空との対