蒲原鉄道線

蒲原鉄道線(かんばらてつどうせん)は、かつて蒲原鉄道が運営していた、新潟県加茂市の加茂駅から中蒲原郡村松町(現・五泉市)を経由して五泉市の五泉駅までとを結んでいた鉄道路線である。 1985年春を以って加茂 - 村松間が廃止となり、村松 - 五泉間を結ぶ、僅か4.2kmのミニ路線として知られていたが、1999年秋に全線が廃止された。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

蒲原鉄道線 住所

新潟県加茂市黒水

蒲原鉄道線 種類

廃線・鉄道駅

蒲原鉄道線 画像

蒲原鉄道線 写真・ブログ・リポート

地理写真 蒲原鉄道
沿線には冬鳥越スキー場や猿毛岳スキー場があり、往事は2両編成の臨時便も走っ ていたような記憶があります。もっとも、猿毛岳スキー場(下の地図、右側の枠内の右上 )は新潟からの新潟交通の直行バスが運行していたものの、雪が降らなくなって閉鎖、 冬
蒲原鉄道廃線跡を訪ねて
平成の大合併により、今は五泉市となった村松町が中心となって設立された蒲原鉄道。 建設も 地図上にマウスポインターを置くと蒲原鉄道線を表示します ここからは先は 廃止年度の早い一次廃線区間に入り、レールが消えてから既に20数余年が経過した。
蒲原鉄道廃線跡調査
路線概要. 蒲原鉄道は、磐越西線の五泉から信越本線の加茂までを結んでいた私鉄で ある。大正11年9月に五泉~村松間が開業、昭和5年には加茂まで開業して全通した。 しかし、車社会となり需要が低下し、昭和60年に加茂~村松間を廃止、その後しばらくは
蒲原鉄道 廃線-現役 比較写真
蒲原鉄道 廃線後 比較写真. 1985(昭和60)年3月に村松~加茂間が廃止されて20年目 にあたる2006(平成18)年11月に自転車にて再訪しました。 (現地までは自動車の屋根 に載せて運搬). 再訪に際して一番気にかかっていた場所が、駒岡~東加茂間にあった
廃線探索 新潟県 蒲原鉄道|歩鉄の達人のブログ
2009年8月23日 歩鉄の達人の歩鉄の達人のブログの記事、廃線探索 新潟県 蒲原鉄道です。
蒲原鉄道【廃線】 | 着札箱
2011/8/8. 「蒲原鉄道【廃線】」 廃止路線. 加茂~五泉間を結んでいた蒲原鉄道は、 モータリゼーションの普及と北陸自動車道及び上越新幹線の開業に伴い地域経済の 中心が三条に移行したことにより、加茂駅の利便性が薄れたことにより利用者が減少し 、
蒲原鉄道廃線後を行く
蒲原鉄道廃線跡を行く. 85.
廃線探索 新潟蒲原鉄道
2009年12月31日 蒲原鉄道線(かんばらてつどうせん)は、かつて蒲原鉄道が運営していた、新潟県加茂 市の加茂駅から中蒲原郡村松町(現・五泉市)を経由して五泉市の五泉駅までとを結ん でいた鉄道路線である。 1985年春を以って加茂 - 村松間が廃止
蒲原鉄道廃線跡を訪ねて - nifty
平成の大合併により、今は五泉市となった村松町が中心となって設立された蒲原鉄道。建設も村松を境として二度に別けられているが、廃止もやはり五泉~村松間、村松~加茂間で二度に分けて実施されている。 全線の中でも五泉~村松間は乗客の多い区間 
蒲原鉄道廃線跡4 駒岡-加茂間 - nifty
蒲原鉄道④駒岡~加茂間 ここからは道路になっている。単線の線路跡にしては広い道路だ。東加茂駅跡にも何も残っていない。しかしバス停、電柱に東加茂の名が残っている。ここの地名は「東加茂」ではないが東加茂駅があったころの旧版地図には「東加茂」 
蒲原鉄道廃線跡 - nifty
駅名, 営業キロ. 五泉, ごせん, 0.0. 今泉, いまいずみ, 1.0. 村松, むらまつ, 4.2. 西村松, にしむらまつ, 5.8. 寺田, てらだ, 8.1. 大蒲原, おおかんばら, 9.7. 高松, たかまつ, 10.9. 土倉, つちくら, 12.5. 冬鳥越, ふゆどりごえ, 13.0. 七谷, ななたに, 15.2. 狭口, せばぐち 
蒲原鉄道廃線跡調査3
土倉のすぐ先、国道をオーバークロスするところ。大蒲原側には橋台が残っていた。 国道をオーバークロスしていた橋台。左写真と同じ物。 道路脇にひっそり残る冬鳥越のトンネル。向こう側の光も見えた。 冬鳥越駅ホーム跡?向こう側はスキー場。 冬鳥越駅跡。
蒲原鉄道廃線跡調査4
陣ヶ峰駅から信越本線を跨ぐ高架を見る。 高架で信越線と道路を跨ぐ。道路上から撮影。奥が加茂駅方向。 加茂駅手前で加茂川を渡る。蒲原鉄道は信越線の鉄橋を共用していたようだ。 加茂川の鉄橋。架線柱から信越線の脇にもう1線蒲原鉄道線が通ってい 
蒲原鉄道廃線跡を訪ねて - nifty
平成の大合併により、今は五泉市となった村松町が中心となって設立された蒲原鉄道。建設も村松を境として二度に別けられているが、廃止もやはり五泉~村松間、村松~加茂間で二度に分けて実施されている。 全線の中でも五泉~村松間は乗客の多い区間 
蒲原鉄道廃線跡調査2
村松駅舎の裏手から線路跡が伸びている。 道路を横切った先は住宅が建設中だった。 村松城址公園に展示されていたモハ11型車両。 村松城址公園にあったモハ11型の説明版。 西村松~寺田間。線路跡は立派な農道に変わっていた。(右手の道、奥が寺田