旧・東青山変電所

旧・東青山変電所は三重県津市あった変電所。近鉄の変電施設だった。旧・東青山駅近くに位置する。「HA変電所」等として紹介されていることもある。

昭和4年頃に建設された。昭和50年代に廃止されたらしい。建設当時は東洋最大の水銀変圧器が設置されていたという。

戦時中~昭和20年代に記された業務日誌が残されているらしい。

旧・東青山駅にもホーム遺構などが残っている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

旧・東青山変電所 住所

三重県津市白山町垣内

旧・東青山変電所 種類

廃工場・発電所

旧・東青山変電所 画像

旧・東青山変電所 写真・ブログ・リポート

変電所跡
三重県の変電所跡鉄道関係の変電所だったのではないかと思われる春休みもGWも夏休みも、私が行くところにはほとんど人がいない。不思議・・・下で道を訊いた際に「こーんな坂ですけど」と形容された急な坂を上ると、突然開けた場所に出た1975(昭和50)年の複線化に伴いこ
アメマのおとしもの-Yahoo!ブログ
どど~んと、変電所の廃墟が現れます。昭和初期に建てられたものだと思います。入りたい気持ちはあったんですが、旧東青山駅からの道中にやたらと獣の足跡もあり怖いのでやめました(笑)そして再び旧東青山駅跡の戻ってきました。
近鉄大阪線旧線【旧東青山駅~西青山駅】|村雨哀歌-MurasameElegy-
もう今年も終わりに近づいてきましたが前回のあくせにゃ氏と行った近鉄大阪線旧線探索続きですトンネルを抜けるそのトンネルの隣には安全側線の跡が残っていた後ろを振り返る旧東青山駅である
TheDecadentWorld-東青山変電所跡-
旧東青山駅東青山変電所跡昭和4年頃に建設された変電所跡。旧東青山駅より林道を西へ10分程度歩くと見えてくる。昭和50年代に廃止されたようで、施設内には当時の新聞が残されている。建設当時は東洋最大の水銀変圧器が設置されていたらしい。
三重県・旧東青山変電所跡:TheRuins&Co
三重県・津の山間にある変電所廃墟。近鉄大阪線の旧東青山駅と、東青山トンネルから徒歩でいけます。この東青山トンネルは廃線跡としても有名で、その道の方も結構訪問されているようですね。
<廃墟>旧東青山駅&東青山変電所|Listener'sblog-楽天ブログ
山中にひっそりとたたずむ旧東青山駅跡。4月30日と7月17日、2回にわたって現地を探訪しました。↓ホームがそのまま残ってます。変電所の廃墟。戦時中~昭和20年代に記された業務日誌が残されていました。
旧東青山駅跡-まちかど逍遥
孔舎衛坂駅跡を見に行った翌日に、もう一つの廃駅跡を訪ねた。母と兄と共に。訪ねたのは、近鉄の旧東青山駅跡。寒い日で、山間部にある駅跡は雪がちらちら舞っていた。近鉄大阪線の青山峠越えの区間はもともとは今とは違うルートであり、西青山駅、東青山駅も旧線上にあったが、1
初瀬街道の旅(14)旧・青山変電所の廃墟: たなぼた
【旧・青山変電所の廃墟】(最終回)初瀬街道の旅(13)旧・東青山駅の廃墟から続く。旧・東青山駅跡地をあとに、さらなる奥へと荒れた道をたどる。すると上方に送電線の鉄塔が見えた。鉄塔の一部が鮮やかな緑と赤に塗られているのがいかにも人工的で不自然に感じられる。
第二の記憶~ガラスの目・半導体の網膜~東青山変電所跡:縮図
【カメラ:K-5】【レンズ:SIGMA8-16mmF4.5-5.6DCHSM】部屋の隅に誰かいるのが見えるかい。あれが、僕だ。君はどこにいる。
HA変電所
HA変電所山の中にある廃墟。毎度の事ながら、どうして廃墟は山の奥にあるのだろう。洞窟の一番奥に置かれた宝箱を取りに行く感覚だ。山奥廃墟は、至って険しい道の奥にある。固く尖った石が足元をすくい、滑りやすく転びやすい。急斜面を登っていくと、山肌に直線的な人工物が目