阿佐ヶ谷住宅

阿佐ヶ谷住宅は、東京都杉並区成田東にある全戸数350世帯の日本住宅公団によって造成された分譲型集合住宅地。

1958年(昭和33年)竣工。地上3-4階建て鉄筋コンクリート造の118戸と、地上2階建てテラスハウスタイプ232戸(陸屋根タイプと傾斜屋根タイプの2種がある)で構成される。設計は、当時発足したばかりの日本住宅公団の設計課が行った部分と、前川國男建築設計事務所が担当した傾斜屋根型テラスハウスの174戸とが共存する形式となっている。

2010年、老朽化による治安の悪化を理由に、解体・再開発予定のお知らせ看板が設置されている。2013年11月より再開発工事が本格的に行われており、既にほとんどの部分が解体されている。

解体され現存していません

阿佐ヶ谷住宅 住所

東京都杉並区成田東

阿佐ヶ谷住宅 種類

団地・住宅・別荘

阿佐ヶ谷住宅 画像

阿佐ヶ谷住宅 写真・ブログ・リポート

#233阿佐ヶ谷住宅--失われた場所クロニクル
topphotoprofilebookmarkbookshelf#233阿佐ヶ谷住宅Asagayaresidentialarea
くろべぇの廃墟:阿佐ヶ谷住宅-livedoorBlog(ブログ)
2013年5月5日探訪。1958年(昭和33年)竣工。地上3-4階建て鉄筋コンクリート造の118戸と、地上2階建てテラスハウスタイプ232戸(陸屋根タイプと傾斜屋根タイプの2種がある)で構成される。設計は、当時発足したばかりの日本住宅公団の設計課が行った部分と
阿佐ヶ谷を歩く阿佐ヶ谷住宅編:東京迷宮案内
こんにちは最近、阿佐ヶ谷近辺に住んでいるにも関わらず、あまり阿佐ヶ谷のことを書けていないことに愕然としてしまったので、今回は阿佐ヶ谷のことについて書いてみます。そこで本日取り上げるのは、知る人ぞ知る阿佐ヶ谷のランドマーク、阿佐ヶ谷住宅です。
団地遺産・公団阿佐ヶ谷住宅 - 東京DEEP案内
2009年10月5日 いまや日本中に点在する「団地」であるが、日本における団地の歴史は戦後の1955(昭和30)年に設立された特殊法人「日本住宅公団」による大規模団地開発で本格的な隆盛を迎えた。その多くが高度経済成長期と言われる昭和40年代に 
阿佐ヶ谷住宅 時間停止旅行
こちらも解体される阿佐ヶ谷住宅ちょうど桜の時期に見お納めに行ってきた阿佐ヶ谷住宅最後の賑わい建物はどこか遠くを見つめているような気がしたそこには350の暮らしがあったのだたくさんの思い出を振り返っているのかもしれないどうか忘れないで、と私の家も解体されることが
阿佐ヶ谷住宅 | The Wallpaper Journal
南阿佐ヶ谷周辺、成田東や梅里、高井戸、浜田山界隈は曲がりくねった善福寺川や目に見えない暗渠によって複雑に区切られ、開発の手を逃れて生き延びた古い建物がひしめき合う地域でもあります。撮影に訪れたのは丁度、桜が散り始めたその日の昼下がりでした。365日、8,760
阿佐ヶ谷住宅 | chillout
この阿佐ヶ谷住宅。もう半分以上使われていません。再開発するとか。そんな今、ここでは「廃墟萌え」と「団地萌え」が同時に味わえてしまいます