熊本陸軍飛行場(健軍飛行場)

熊本陸軍飛行場健軍飛行場)は熊本県熊本市にあった空港。

三菱重工業熊本航空機製作所の試験飛行場として1943(昭和18)年12月に完成。1945(昭和20)年3月8日、陸軍の作戦飛行場に転用され「熊本陸軍飛行場」となる。終戦後、米軍の連絡飛行場として使用された後、1956(昭和31)年から空港の建設が開始。1960(昭和35)年、熊本空港として開港。1971(昭和46)年、現・熊本空港に移転、旧。熊本空港は閉港した。

現在、跡地は住宅地等になっており、痕跡はないが、旧軍時代の掩体壕跡が残っている(地図位置)。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

熊本陸軍飛行場(健軍飛行場) 住所

熊本県熊本市東区長嶺西

熊本陸軍飛行場(健軍飛行場) 種類

空港・飛行場

熊本陸軍飛行場(健軍飛行場) 画像

熊本陸軍飛行場(健軍飛行場)

熊本陸軍飛行場(健軍飛行場) 写真・ブログ・リポート

大日本者神國也 -熊本陸軍飛行場(三菱重工業熊本航空機製作所 試験
31日、南苑飛行場に移動しますが、12月26日、海軍(第一・第二聯合航空隊、九六陸攻63機)と合同での支那奥地進攻(第三次)のため運城飛行場へ移動、26・27・28日、蘭州を爆撃(百號作戰)します。 昭和15(1940)年1月8日、南苑 31日、9月1日、武昌飛行場に移動し重慶・大波口製鉄所を爆撃、7日...