金ノ弦岬灯台

金ノ弦岬灯台は山口県下関市にある廃灯台。

1871(明治4)年竣工。建設当時は関門海峡の浅瀬に「礁標」として建てられた。1920(大正9)年、現在位置に移設。

灯台の父と言われる英国人技士ブラントンの設計による、西洋技術をもって国内で初めて設置された礁標である。

2000年に廃灯となり、現在は下関市の重要文化財として保存されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

金ノ弦岬灯台 住所

山口県下関市彦島田の首町2丁目

金ノ弦岬灯台 種類

灯台

金ノ弦岬灯台 画像