オタモイ遊園地(龍宮閣)

オタモイ遊園地龍宮閣)は北海道小樽市にあった遊園地。

昭和初期に割烹「蛇の目」の店主・加藤秋太郎氏が、知人から「小樽には名所がない」と言われたことから、小樽に新名所を作ろう作り上げた。

昭和7年、古来「白蛇の谷」と呼ばれていたオタモイ海岸に白蛇に因んだ「白蛇辨天堂」を建立。続いて10万坪の敷地に130人収容の「辨天食堂」を建てた。そして「白蛇辨天洞」というトンネルを掘り進み、切り立った断崖の上に京都・清水寺を凌ぐ規模の宴会場「龍宮閣」を建設した。昭和11年、桜並木や池、数々の遊具、相撲場、演芸場などの遊園施設が整備され「夢の里オタモイ遊園地」が完成した。最盛期には一日に数千人の人々で賑わったという。

その後、太平洋戦争が始まり営業停止。終戦後、営業再開を目前に控えた昭和27年5月10日、失火から焼失した。

現在も唐門、白蛇弁天洞、一部施設遺構などが残る。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

オタモイ遊園地(龍宮閣) 住所

北海道小樽市オタモイ4丁目

オタモイ遊園地(龍宮閣) 種類

遊園地・テーマパーク

オタモイ遊園地(龍宮閣) 画像

オタモイ遊園地(龍宮閣) 写真・ブログ・リポート

小樽名所 オタモイ遊園地跡 - じゅんブログ
2006年9月29日 小樽名所 オタモイ遊園地跡 - 北海道をあちこち探索した記録を写真と一緒に紹介しています♪ キーワードは「NO NUKES・温泉・野湯・秘湯・秘境・廃墟・探検・自然・北海道・無人駅・ネコ」などです.
いろいろ。: 博物館でオタモイ遊園地
2014年4月12日 こちらの運河館には、ニシン漁にまつわる史料や古民具などに混じって、わずかながらもオタモイ遊園地の資料も展示されています。 当時のパンフレットや 蛇の目」というのは、オタモイ遊園地を建設した加藤秋太郎が経営していたお寿司屋さんだそうです。 02. 竜宮閣のはっぴ。 . ト...
オタモイ竜宮閣
瓦礫の街・3丁目26番地・オタモイ竜宮閣跡
瞬間移動の旅① 浦島太郎を探しに…|やんまのブログ
浦島太郎は何処かにいるはず(*゚▽゚*)ワクワクいる可能性が一番高い場所へ、瞬間移動(((((^^)やはり龍宮城に近いのはここかっ!オタモイ遊園地跡の入口から20mほど先へ着地目指すは遠くに見えている、あの唐門
消えた楽園 オタモイ遊園地 | 北海道バンザイ
昭和のはじめ、オタモイ海岸に道内屈指の遊園地があったことは、知らない人も多い。はかなく散った楽園の物語。(2005年に「オタルバンザイ」というサイトで公開していた「消えた楽園オタモイ遊園地」をリメークしました。)白蛇弁天堂昭和7年、小樽市内で割烹「蛇の目寿司」
オタモイ遊園地
小樽でも有数の景勝地、オタモイ海岸。 昭和のはじめ、ここが道内屈指の遊園地であったことは、小樽市民でも知らない人が多い。 はかなく散った楽園の物語。
アニヲタWiki(仮) - オタモイ遊園地
どうしてこうなった アニヲタwiki北海道ツアー 北海道 小樽 廃墟 料亭 火事 火災 遊園地 食堂 北海道・小樽市の観光地として皆さんは何を思い浮かべるだろうか?
オタモイ海岸01(北海道心霊スポット/小樽市)
まぼろしの龍宮城自殺の名所オタモイ海岸の夢オタモイ海岸(小樽市)小樽市オタモイ海岸では、自殺者が後を絶たないという。実際、海岸の上にある展望台で写真を撮ると、無数の腕が写っているとか……。それを確かめるべく、切り込んできました。噂の、生者を引っ張り込もうという
小樽~オタモイ - 北海道 街並 廃墟 廃屋 炭鉱 鉱山 遺跡 食べ物
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消せます。-----(--:--) : 小樽~オタモイ オタモイ夕日 唐門(オタモイ海岸への入り口) オタモイ遊園地跡
北海道ローカル路線バスと秘境旅 小樽-おたもい
北海道ローカル路線バスと秘境旅 小樽-おたもい(北海道中央バス) 『石狩挽歌の町を行く2 後編』 2010年06月27日掲 載 タクシー運転手の興味深い話を聞いて以来、オタモイの歴史に俄然興味が湧いて来た。 オタモイを訪問をした
オタモイ竜宮閣跡
昭和10年、小樽郊外の海岸に巨大な料亭と遊園地があった事を 知っている人はどのくらいいるんだろう。 「小樽楽都」という雑誌でオタモイ竜宮閣の存在を知ってから、 ずっと行ってやると思っていた。 覚えている限り、免許を
塩谷~オタモイ~祝津 - まんぞうキヌー
ニセコ積丹小樽海岸国定公園の一部をカヤックで旅するの巻 この海岸線には道がない。海岸に降りる山道もほとんどない。 故に小樽イチの秘境といえよう。オタラーのオレとしては行かねばならぬ。 洞窟アリ、異次元的廃墟アリで
小樽市 オタモイ岬 : 哲学の小径
忘れてほしくない記憶がある町 Dreamers 月光池・太郎湖 冬の石狩にジョウビタキ 三笠市幌内 「三笠太郎湖・次郎湖(仮称)」 廃墟好きには三笠ジオパーク 三笠の土で陶芸してみる きこりん、家を買う。 私が見た北海道
北海道旅行その9 オタモイ海岸 ( 北海道 ) - つれづれなるままに
余市へ行く前に前々から行きたかった「オタモイ海岸」に立ち寄りました。 途中、廃墟が立ち並ぶ不気味な道を行くと…
せめて休日には感動を
日本各地の軍事遺構(廃墟、砲台、掩蔽壕など)を中心に、撮った写真をアップしていきます。他、夜景・猫・新幹線・京都の情景など… 日本国内にも別に何カ所かあるみたいですね。 この小樽の青の洞窟は…それ自体よりも
幻の遊園地、自殺の名所、心霊スポット…小樽市郊外の
既に手前の団地だけでも廃墟探索モードになってしまって路線が逸脱気味なのでそろそろオタモイ海岸とやらを目指す事にします。寂れきった街並みがブルーな気分を盛り上げてくれます。さあ、幻の遊園地を見に行こうぜ! 団地の先