武智丸(安浦のコンクリート船)

武智丸(たけちまる)は、第二次世界大戦(太平洋戦争)中の日本で戦時標準船E型に準じてコンクリート船として竣工した大日本帝国海軍所属の貨物船である。同型船4隻が作られたが、うち2隻の船体が広島県呉市安浦町の安浦漁港の防波堤として現存している。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

武智丸(安浦のコンクリート船) 住所

広島県呉市安浦町三津口2丁目

武智丸(安浦のコンクリート船) 種類

廃車・廃船・廃飛行機

武智丸(安浦のコンクリート船) 画像

武智丸(安浦のコンクリート船) 写真・ブログ・リポート

ありし日の幻影大日本帝国海軍輸送船『武智丸』(コンクリート船)
武智丸は第二次世界大戦中に戦時標準船E型に準じたコンクリート船として建造された帝国海軍の輸送船です。建造は兵庫県高砂市の塩田跡に新設された武智造船所で行われた。機関は岡山県玉野市にある三井造船のディーゼルエンジンが搭載されていた。1944年に竣工し瀬戸内海を中
ビックリ浮いてたコンクリート船:響とバイクと山遊び:So-netブログ
それはとっても不思議な光景だったこんなもんが浮くのか?広島県の安浦港にある「武智丸」これ、普通の船に見えますがなんとコンクリートで出来ています。鉄が浮くので考えられなくも無いのですがやっぱりコンクリートが浮くなんて信じにくいですよね。この安浦港に眠るコンクリー
廃墟探索 広島県呉市 ・武智丸 ・第11海軍航空廠地下壕 ・別荘?(未遂) +痛車|今 走らなければ、ずっと走れないような気がした|ブログ|青碧|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パ
コンクリート船として竣工した大日本帝国海軍所属の貨物船。現在は漁港の防波堤として現存している。地味ですが、当時のことを思い馳せながら見て回っていいると、中々良い感じでした。この他にもいくつかあり、倉庫や車庫に転用されているよ
泥舟が遺跡へ?!まるで神殿!戦争の往き着いた愚の遺産【安浦コンクリート船・武智丸】潜入記 | 凸 DECO-PON 我楽多電子盤 凸
今年の3月、DECO-PONスタッフが、広島県呉市安浦漁港にあるコンクリート船【武智丸】に潜入しました。そのコンクリート船について歴史とともに紐解いていこうとおもいます。船といえば、鋼もしくは木製を想像すると思いますが、実際に19世紀から20世紀にかけてコンク