西宮砲台

西宮砲台(にしのみやほうだい)は、兵庫県西宮市香櫨園浜にある江戸時代末期の砲台跡。国の史跡に指定されている。

幕末の文久3年(1863年)、将軍徳川家茂の時代に大坂湾の海防のために、和田岬砲台、舞子砲台などと共に建設された。竣工は慶応2年(1866年)。外郭は御影石による三層構造、内部構造は木造と見られている。内部には砲身冷却用の井戸も設置されていた。

1884年(明治17年)火災により木造構造物を焼失しており、内部に入ることはできない。1922年国の史跡に指定され、「史蹟西宮砲台」の標柱設置。1978年内部を鉄骨で補強、天井を設置するなどの改修作業実施。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

西宮砲台 住所

兵庫県西宮市西波止町

西宮砲台 種類

軍事施設・戦争遺構

西宮砲台 画像

西宮砲台 写真・ブログ・リポート

ブルーアワーの街の情景 西宮砲台
西宮砲台は、幕末のころ黒船来襲に備えて大阪湾沿いに造られた砲台のひとつで、高さは12m、周囲は53mあり、外側には漆喰が塗られています。 完成は、明治になる前の慶応2年(1866年)で、このような前例がない中で手探りで設計、 
西宮砲台内部見学 - 芦屋あたりで - Yahoo!ブログ
戦国ブロガーの任務は終わったのですが、 これを機に、兵庫県内の他の城跡も回ってみようと思い、 まずは近くの西宮砲台に行きました。 御前浜では、ちょうど 「海辺のひろっぱフェスタ2013」というイベントが開催されていて、 普段は見れない 
西宮・香枦園浜のマンションの近くにある“西宮砲台”|西宮の中古
西宮の中古マンションならポットラックエステート-Ameba ポットラックさんのブログです。。。
西宮砲台 - 城めぐドットコム
西宮砲台は、幕府が文久三年(1863)から慶応二年(1866)にかけて築造した台場である。現在も残る石塔は、和田岬台場と共に国内でも貴重な史跡である。
今津砲台跡から西宮砲台 2013年8月9日 More Demerit Alpha/ウェブリ
More Demerit Alphaの今津砲台跡から西宮砲台 2013年8月9日に関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)西宮市内にある今津砲台跡・西宮砲台へ行ってきました。幕末の動乱期に京都を警備するため、保全の必要から 
西宮砲台 丹波霧の里BLOG/ウェブリブログ
丹波霧の里BLOGの西宮砲台に関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)甲山・北山公園から満池谷、此処から苦楽園口を夙川沿い・両岸の桜堤を進み、阪神香櫨園・R43号線を越えて夙川オアシスロードを南へ進むと夙川 
兵庫県の砲台-今津砲台,西宮砲台,和田岬砲台,舞子砲台 - Hi-HO
アメリカのペリー浦賀来航、ロシア船ディアナ号大阪湾来航などにより、海防に不安を感じた江戸幕府は本格的に摂海防備に着手した。砲台の位置は勝海舟が計画し、今津、西宮、和田岬、舞子などに築かれた。
西宮:西宮砲台
鎖国状態であった江戸時代の終り、開国を迫るアメリカのペリー浦賀来航、ロシア船ディアナ号大阪湾来航などにより、国防に不安を感じた江戸幕府は、京都を警護する要地にあたる大阪湾沿岸にに砲台を築いた。砲台の位置は勝海舟が計画し、今津、西宮、 
何処か遠くへ 「西宮砲台」 - 遠い目をしていた、あの日の空。
2007年8月15日 西宮は、海に面している街だ。そのため、海側には防潮壁が築かれている場所が多い。 私は初めて西宮砲台を訪れたのは、 本当に偶然だった。 壁づたいに自転車で走っている時、防潮壁に面したマンションの一角に、気になる石碑を見つけた 
江戸時代~西宮砲台と幕末動乱 : ちょっと歴史っぽい西宮 - livedoor Blog
この西宮砲台に伝わる話として、完成後、大砲を二門設置し、空砲を撃ったところ内部に煙が充満し砲手涙目、とても実戦の役に立たへんシロモンやないかと庶民が噂したという話があります。これは吉井良秀氏の「老の思ひ出」に記された話 
関西あっちこっちパチリ! : 史跡西宮砲台をぱちり! - livedoor Blog
江戸時代のおわり 国防不安を感じた江戸幕府が大阪湾周辺四カ所(西宮・西宮今津・和田岬・川崎)に砲台を築きましたそのうちの『和田岬砲台』では修復を終え内部見学が行われています 5/15に詳しく書きましたので参考にしてくださいね
【探訪】UFO出現?・・勝海舟が設計した西宮砲台 : 面白きこともなき世を
西宮は古くからの酒造の街。今でも多くの日本酒メーカーの工場が建ち並び、江戸時代には江戸に向けた清酒の積み出し港としても栄えました。その砂浜の上に、出現したUFOのような洋式砲台をみて、西宮の住民も幕末の激動を肌で 
西宮砲台: osayanのブログ
岩倉具視邸遺構「六英堂」(14時からの見学)・長州藩本陣宿営の地(六湛寺跡)・長州藩兵 奇兵隊宿営の地(海清寺)・長州藩兵 整武隊宿営の地(正念寺)・長州藩兵 第二奇兵隊宿営の地(信行寺)・西宮砲台跡・今津砲台跡→阪神甲子園駅→阪神大物駅 《移動》