松木村

松木村(まつぎむら)は、栃木県上都賀郡にあった村。足尾鉱毒事件によって1902年廃村。正式には1889年の町村合併によって既に自治体としては消滅し「足尾町字松木」であったが、一般的にはほぼ無人化した1902年に廃村とされている。

現在は、残滓除去や森林緑地再生などの治山・治水活動が行われている。

遺構はわずかに墓石などが残るのみで、他に鉱山関係の施設跡が散見される。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

松木村 住所

栃木県日光市足尾町愛宕下

松木村 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

松木村 画像

松木村 写真・ブログ・リポート

松木沢 - わたらせからの風 足尾近辺の山々の紹介
松木沢とジャンダルム. 足尾は、ご存知のように鉱毒事件で山々の緑が失われ、廃村に追いやられた村もあります。逆に銅山の活動期には、新しく集落が形成されましたが、廃坑となることで、消えていった集落もあります。 松木村は、1853年には37戸178人が 
貴重な史跡「足尾」を歩く - かみつけの国 本のテーマ館 - FC2
このような問題に思いをはせて、完全な廃墟と化した松木村址や小滝の里に立ち、まわりを囲むこの世の景色とは 思えないような . この金平さんのことについて鎌田忠良の『棄民列伝・足尾廃村・松木村行』は次のように書いています。 「その日、松木探訪に向っ 
足尾銅山と松木村(渡良瀬川上流)の歴史
そして、明治35年、松木村は廃村となり、また、昭和48年に足尾銅山閉山となりました。 右の写真は、日光市の指定遺跡 日光市足尾町には、この鉱毒事件や松木村のことを忘れないようにと足尾環境学習センター等があります。とてもすばらしい施設ですので 
足尾町松木村跡の上流に連なる渓谷が松木渓谷です
2015年7月18日 煙害や山火事などで木はまったくない山並になり廃村になった公害の原点足尾町松木村跡の上流に連なる松木渓谷です。