東山給水塔

東山給水塔(ひがしやまきゅうすいとう)は、愛知県名古屋市千種区田代町にある名古屋市上下水道局の給水施設。かつては「東山配水塔」と呼ばれていた名古屋最古の給水塔で、高さは37.85メートル。

名古屋市水道部(現・名古屋市上下水道局)の成瀬薫の設計による給水塔で、東山配水場の敷地内に1930年(昭和5年)3月に完成。鍋屋上野浄水場から送られた水を塔上の貯水槽までポンプで一旦押し上げ、自然流下による圧力を利用して覚王山地区の高台に配水していた。

1973年(昭和48年)2月まで配水塔として使われてきたが、1979年(昭和55年)に災害時用の応急給水施設となった。ここには常時300m³ の水が蓄えられている。建設時の塔頂部は平らであったが、1983年(昭和58年)の改修時に尖塔状の屋根が付けられた。普段は非公開だが、毎年春分の日と8月8日(まるはちの日)には一般公開され、塔の中に入ることもできる。

1985年(昭和60年)には厚生省の「近代水道百選」に、1991年(平成3年)には第2回の名古屋市都市景観重要建築物に選ばれた。

現役施設であり廃墟ではないが、廃墟ファンにも人気の高い建築である。

東山給水塔 住所

愛知県名古屋市千種区田代町

東山給水塔 種類

珍スポット・巨大施設

東山給水塔 画像

東山給水塔 写真・ブログ・リポート

東山給水塔(愛知)と珍百景フォトコンテスト(告知): ワンダーJAPAN編集
給水塔としての役目は終わっているが、災害用の貯水施設として生き延びているのが嬉しい。 年に2回、春分の日と、8月8日だけ、一般公開される。 2010年1月19日 (火) WJ4, 新刊告知 | 固定リンク · Tweet · « □初詣は雲龍寺(八王子)へ 
迷盤な日々 // 覚王山DEおさんぽ
で、その日泰寺のすぐ裏にある東山給水塔。 120917kkozn5.jpg 前から気になってたんだよね~。その独特の威容が。そのデザイン、蔦の這い具合は、ちょっと宮崎駿的かも。中に入れたらなおいいんだけど、年に二回だけの指定日にしか開放 
HDR Kiss 東山給水塔
名古屋市地下鉄東山線の覚王山駅から10分ほど北に歩くと 赤いとんがり屋根の東山給水塔が見えてくる 浄水場内に建ってるから近くまで行けないので外周をぐるっと廻って 一番近い西側から撮ってみた ちなみに春分の日と名古屋市ゆかり 
ワンダーJAPAN編集長のブログ: WJ4
2010年1月19日 東山給水塔(愛知)と珍百景フォトコンテスト(告知). 1月22〜25日まで沖縄取材の予定だけど天気があまりよくなさそう。 おもしろいものをたくさん見つけられればいいかな。 clover 告知. 旅行うんちくサイト「たびすまいる」がリニューアル 

東山給水塔 キーワード

駅ちかウォーキング 普段 東 歴史探訪 水道給水開始 水道給水開始100周年 湿った 空気 続き 見学 覚王山日泰寺 里 鍋屋上野浄水場 雨 水道水 ゴール 周年 名水 公開コース 公開 可愛い 第一ポンプ所 ピンバッジ 建物 水 歩いて 施設 ライトアップ編 揚輝荘 興正寺 北庭園編 名古屋 日泰寺 秋 地図 東山給水塔編 揚荘聴松閣編 千種区 名古屋市 世界 展望台 給水塔