片島魚雷発射試験場(川棚魚雷試験場)

片島魚雷発射試験場川棚魚雷試験場)は、長崎県東彼杵郡川棚町にある魚雷発射試験場跡。

佐世保海軍工廠で製造された魚雷を試験発射するための施設だった。元々は島だったが、1942年(昭和17年)に試験場の規模を拡張する際、埋め立てられた。

5連アーチの桟橋、石組みと煉瓦の建物、レンガ製の塔屋など、印象的な遺構が残っている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

片島魚雷発射試験場(川棚魚雷試験場) 住所

長崎県東彼杵郡川棚町三越郷

片島魚雷発射試験場(川棚魚雷試験場) 種類

軍事施設・戦争遺構

片島魚雷発射試験場(川棚魚雷試験場) 画像

片島魚雷発射試験場(川棚魚雷試験場) 写真・ブログ・リポート

川棚魚雷発射試験場|HumanTorpedoTestStation|TomboyUrbex
川棚魚雷試験場跡地は、長崎県にある人間魚雷の試用運転のための施設の廃墟です。建物は、日本海軍の軍事遺産でもあります。悲し過去をもつこの場所ですが、現在、子供の遊び場、釣り人の釣りスポットとして、人々の憩いの場所として使用されています。
長崎の戦跡廃墟 川棚魚雷試験場跡 [スポット] : YourMap.jp
INDEX » 怪しい » 廃墟・廃村・集落 » 長崎の戦跡廃墟 川棚魚雷試験場跡 [スポット]. 東北関東大震災・放射性 山梨県の廃墟 謎の巨大地下金庫「三洋証券洗心寮跡」[ スポット] 大村湾に突き出た半島"片島"に位置する魚雷発射試験場の廃墟。別称「 片島
情景探索記 海に浮かぶ廃墟 -川棚魚雷発射試験場跡-
しかしここの廃墟郡は飾り気のない軍関連施設なのに 丘の上の監視塔 -川棚魚雷 発射試験場跡- l ホーム l 広がる空 » 廃墟がメインですが、被写体にはこだわらず、 感性を刺激されたものは何でも撮影して紹介している雑食系の内容となってます。
情景探索記 美しき廃墟 -川棚魚雷発射試験場跡-
2009年2月26日 美しき廃墟 -川棚魚雷発射試験場跡- · kawatana2-05.jpg ■NIKON D200 + TOKINA AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4■ 奥に見える大きな建物が試験用の魚雷 収蔵施設でした この施設が元々使われていた時代背景を思うと
高津本陣・廃墟点描-川棚魚雷発射試験場
川棚・魚雷発射試験場. 前々から存在だけは知っていて、なかなか訪問することの出来 なかった長崎県は川棚の魚雷発射試験場跡。 建物の「枠」だけが残り、中の機械、屋根 、窓枠まで失われてしまったのはおそらく戦後の鉄の需要に持って行かれたと推測。
片島魚雷発射試験場跡
廃墟の風景. 片島魚雷発射試験場跡, 穏やかな海に太平洋戦争の遺物。09/11/6 EOS 40D、PENTAX K-7 太平洋戦争勃発後、昭和17年(1942)川棚に分工廠が設置され たことに伴い、魚雷発射場の施設がさらに拡張され、その際に 片島は海峡が
馬々庵 川棚魚雷発射試験場跡
2010年1月16日 2010年初廃墟は川棚魚雷発射試験場跡どえす 最初に言っておきます すんごく重いど えす^^; と言いながらも数回に分けようとはしないw ご了承くだせえ<(_ _)> 1月3日 あたりにまだまだお正月気分で逝って参りました(ぁ 川棚 最初に写真で
情景探索記 記憶を繋ぐ廃墟 -川棚魚雷発射試験場跡-
2009年2月28日 記憶を繋ぐ廃墟 -川棚魚雷発射試験場跡- · kawatana2-18.jpg ■NIKON D200 + NIKKOR AF70-210mm F4-5.6■ kawatana2-20.jpg ■NIKON D200 + TOKINA AT- X 28-70mm F2.8■ kawatana2-19.jpg ■NIKON D200 +
魚雷発射試験場1:廃墟二番煎じ
魚雷発射試験場:廃墟二番煎じ-廃墟写真を紹介。軍艦島、工場廃墟、鉱山廃墟、廃 遊園地、廃 長崎県川棚町にある魚雷発射試験場跡を訪ねた。 戦時中に海軍工廠で 製造された魚雷の発射試験が行われた場所。 といっても、その詳細に関しては今では
静かなる海辺の廃墟
川棚魚雷試験場跡です ここへ来ると写真を撮るとともに ゆっくりした時間を過ごす事ができます 3 + Nikkor Ai 28mm F2.8 Kodak 400TX 遠征時に訪れる廃墟でもこれくらい余裕を 持つ事ができればいいのですが
川棚魚雷発射試験場跡2
そして大正7年、佐世保海軍工廠で製造された魚雷を実地で試験発射するための極秘 施設として、ここ川棚町の一画に「魚形水雷発射試験場」が開設された。 魚雷発射 試験場遠景 現在は「魚雷発射試験場」と呼ばれているこの施設は、川棚町三越郷片島(
川棚・魚雷発射試験場跡(1) - 気ままよろず日記 - Yahoo!ブログ
以前から訪れてみたかった、長崎県川棚(かわたな)町の片島という島(現在は地続き)にある、“魚雷発射試験場”の跡に出かけてみました。佐世保が1886(明治19)年に日本海軍佐世保鎮守府の軍港として指定されて以来、1890(明治23)年になると本格的に港湾施設が整
川棚魚雷発射試験場跡(1) - あした天気になあれ! - Yahoo!ブログ
2007年4月28日 先日、長崎県は東彼杵郡川棚町にある、魚雷試験場跡に行ってきました。 ここは、 あまりにも有名な場所ですが、. 以前行っ ここ川棚町の一画に「魚形水雷発射試験場 」が開設された、とあります。 イメージ 5 ここは、その魚雷を収蔵していた
片島(魚雷発射試験場跡)
川棚町の大崎半島東部に位置し、大村湾に突き出た小高い丘です。“島”と言っても JR大村線川棚駅の海側に広がる工場地帯には、第2次世界大戦中、魚雷を製造する 工場(川棚海軍工廠)がありました。そこで作られ 片島(魚雷発射試験場跡). 左を 見ると
川棚魚雷試験場跡地
川棚魚雷試験場跡地. 魚雷試験場跡 当HP管理人は、これをクレーンの跡と推定し ます。 また階段が隣接(写真の左側、また向う側)しておりますのは、ここに、船が接岸 したためとも考えられます。 片島の魚雷試験場反対側には魚雷の生産を行いました 下津
帝國海軍川棚魚雷発射試験場跡 (九州さるく)
さて司馬遼太郎の「竜馬がゆく」が好きな私は「坂本竜馬ゆかりの帝國海軍川棚魚雷 試験場跡」(大うそ)を目指し、小串郷駅からとぼとぼ歩きました。小串郷といえば特攻用 の魚雷艇が「震洋」ゆかりの地、川棚には魚雷を作る海岸工廠があり、やはり大村もそう
川棚魚雷発射試験場跡2
そして大正7年、佐世保海軍工廠で製造された魚雷を実地で試験発射するための極秘 施設として、ここ川棚町の一画に「魚形水雷発射試験場」が開設された。 魚雷発射 試験場遠景 現在は「魚雷発射試験場」と呼ばれているこの施設は、川棚町三越郷片島(
川棚魚雷発射試験場跡1
海辺に佇む美しき廃虚(1/6). 魚雷発射試験所跡. 文:RITZ / 写真提供:新川芳朗氏. 魚雷発射試験場と鳥たち. 海辺に佇む美しき廃虚群. 2004年1月、私は初めてこの場所 を訪れた。 時には穏やかな潮騒と鳥の唄声に包まれながら. ひっそり、眠るように
戦争遺跡 川棚魚雷試験場跡 マンシュタインの雑記/ウェブリブログ
2009年1月26日 マンシュタインの雑記の戦争遺跡 川棚魚雷試験場跡に関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)川棚にある魚雷試験場跡に行って来ました.
川棚・魚雷発射試験場跡(2) - 気ままよろず日記 - Yahoo!ブログ
2006年1月27日 山の上の“魚雷監視望楼”を見ることはできませんでしたが、 以前から見ておきたいと 思っていた川棚の魚雷発射試験場跡、 今回の旅行で実際に見ることができ、カメラにも 収めることができて満足でした。 http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/