ムロムツェヴォ城(ムロンツェフォ・マンション、Muromtzevo Castle)

ムロムツェヴォ城Muromtzevo Castle)は、ロシア・ヴラジーミル州に残る廃城。

19世紀に貴族Vladimir Khrapovitskyが、フランス人貴族と自国の建築について口論となり、フランス建築に負けない城として、P. S. Boitzovに建てさせた。

ロシア革命後は大学として利用され、第二次世界大戦中は病院として使われたが、その後廃墟化した。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ムロムツェヴォ城(ムロンツェフォ・マンション、Muromtzevo Castle) 国

ロシア

ムロムツェヴォ城(ムロンツェフォ・マンション、Muromtzevo Castle) 種類

ムロムツェヴォ城(ムロンツェフォ・マンション、Muromtzevo Castle) 画像

ムロムツェヴォ城(ムロンツェフォ・マンション、Muromtzevo Castle)

ムロムツェヴォ城(ムロンツェフォ・マンション、Muromtzevo Castle) 写真・ブログ・リポート

ホラーな雰囲気を醸し出してるけどちょっと住んでみたい7つの美しい廃城
2013年5月7日 バナーマン城-アメリカ. cass8.jpg スコットランドの移民であるフランシス・バナーマンは 1900年に島を購入し、軍用ビジネスのための弾薬を貯蔵する城を建設しました。1918 年にバナーマンが死去した後、200トンの弾薬と火薬が爆発し、建物の