五日市線岩井支線(貨物支線)

岩井支線は国鉄五日市線の武蔵五日市駅と武蔵岩井駅の間を結んでいた貨物支線

1925年(大正14年)9月20日開業、1971(昭和46)年2月1日武蔵五日市~武蔵岩井間の旅客輸送を廃止(同日付で大久野~武蔵岩井間は路線も廃止)、1982年(昭和57年)11月15日武蔵五日市~大久野間貨物営業廃止、路線廃止。

武蔵岩井駅の跡地は、同地にある太平洋セメントの従業員駐輪場として転用されている。

一部で廃線跡が見られる他、鉄道柵が残っており、道路脇の柵に廃線レールが使われているらしい箇所もある。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

五日市線岩井支線(貨物支線) 住所

東京都西多摩郡日の出町大久野

五日市線岩井支線(貨物支線) 種類

廃線・鉄道駅

五日市線岩井支線(貨物支線) 画像

五日市線岩井支線(貨物支線) 写真・ブログ・リポート

五日市線 岩井支線 大久野駅
なくなった線路」との認識のまま高校時代の「旧型国電や二俣尾の謎の引込み線、水 根貨物線、日向和田の青き洞窟」など青梅線が一段落したあと、二 . 日本交通公社刊 「鉄道廃線跡を歩くⅠ五日市線旧岩井支線」に掲載されている、“25km速度制限標識” の現役時代。 安全側線のように見える車止...
廃線・五日市線岩井支線
五日市線岩井支線 拝島~武蔵五日市を走っているJR五日市線には廃線があります。 廃止になった部分は武蔵増戸と武蔵五日市間から分岐して武蔵岩井へ向かっていた 線路です。この路線は武蔵五日市駅の手前から分岐した後しばらく秋川街道と併走し大
廃線探索 五日市線(武蔵岩井)(歩鉄の達人)
かつては、武蔵五日市駅から拝島駅方面にあった三内信号扱所まで戻ってスイッチ バックし、武蔵岩井駅に向かう岩井支線(正式には本線の末端区間)があったが廃線 となり、現在は西東京バスの武蔵五日市駅 - 松尾・つるつる温泉間の路線バスで代替し て
我が家の近所の鉄道廃線跡・JR五日市線岩井支線
我が家の近所の鉄道廃線跡. JR五日市線岩井支線. (東京都あきる野市). 東京郊外、 JR青梅線から分岐している五日市線には、末端に廃線区間があります。 【参考になる 文献】宮脇俊三編著「鉄道廃線跡を歩く」, pp.72-73(JTBキャンブックス 
五日市線岩井支線 - 鉄道ぐるぐる - Seesaa ブログ
2009年8月2日 五日市線岩井支線「夏草に埋まる鉄道柵夢の跡」の巻,鉄道廃線跡めぐりと駅めぐりを メインにしたブログです。交通関連や旅行関連の書籍、サイト、博物館などについても 書いてます。
武蔵五日市
この駅は、昭和46年まで、駅の手前(三内信号扱所)から、 武蔵岩井までの分岐線( 岩井支線)を持ち、スイッチバック運転が行われていた。 つまり、武蔵五日市から武蔵 この写真から、三内信号扱所の配線マップを作成してみた。 シザースクロスポイントを 
Iwai
五日市:岩井(大久野)支線 1996/07. Pict. 岩井支線は、岩井にあるセメント工場からの貨物輸送を目的に建設されたが、武蔵岩井、大久野の2駅が設けられ、武蔵五日市始発の区間 思えばこれが、私を廃線探索へと引き付けるきっかけだったかも知れない。
ぽっ~んと独り言 国鉄五日市線旧武蔵岩井駅
太平洋プレコン工業日の出工場の駐車場に来ました。土曜日のせいか、駐車場はガラガラですね。昭和46年に廃駅となった武蔵岩井駅の駅舎跡です。でも、当時の駅舎の写真がないので、これが駅舎なのかわかりませんが・・内部はバイク・自転車の駐車場として利用されているようです

五日市線岩井支線(貨物支線) キーワード

収録 青梅 40系 クモハ40 活躍 登場