大黒島灯台

大黒島灯台は、北海道室蘭市の絵鞆半島の先にある大黒島にある灯台。

1887(明治24)年点火、1974(昭和49)年消灯。

消灯後も建物はそのまま据え置かれている。

灯台のすぐ北側の建物も廃屋の模様。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大黒島灯台 住所

北海道室蘭市崎守町

大黒島灯台 種類

灯台

大黒島灯台 画像

大黒島灯台 写真・ブログ・リポート

大黒島の廃墟 - 室蘭なブログ『むろグ』
2010年7月21日 大黒島の廃墟. ラベル: 大黒島, 廃墟. 2010/07/19 大黒島の頂上にある建物を見学 地図で見ると灯台の北側の建物かな 大黒島 · 長崎屋室蘭中央店が老朽化のため8 月末日で閉店へ #muroran · mp4動画をカットできる CutMovie
7/14から映画館でベム予告編的なもの第一弾!
プロデューサー大倉 島のテッペンにある廃墟となった灯台と建物の写真が付いています カモメだか海猫だかが飛び交い、建物も雰囲気出し 大黒島の大黒島灯台は3人のすみかとして描かれるほか、トッカリショなど市民にはなじみ