老松温泉 

老松温泉・喜楽旅館は、栃木県那須郡那須町の那須湯本にある温泉。現在でも営業している温泉旅館であり、廃墟ではないが、廃墟然とした様相で廃墟ファンにも注目される温泉である。

また、周辺には同旅館の元温泉施設だったらしい建物跡や、本当の廃墟も点在する。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

老松温泉  住所

栃木県那須郡那須町湯本

老松温泉  種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

老松温泉  画像

老松温泉 

老松温泉  写真・ブログ・リポート

老松温泉喜楽旅館は、俺達を待っていた!
グッと来るぜぇ、この玄関!> < うううう、なんと、裏側は廃墟! つげ義春の世界が、まだこの平成の世に健在していた! 圧巻! > <湯小屋の向かいの母屋 那須湯本の鹿の湯とは違い、源泉温度は低い硫黄鉱泉なのです。 2つの浴槽にそれぞれバルブ
廃墟ときどき猫: 栃木県 那須湯本温泉 廃墟巡り
2012年5月24日 関東を中心に廃墟、廃線、戦争遺構、産業遺構、廃鉱、廃工場、廃病院、廃テーマ パークなどの写真を撮っています。 時々猫の写真も 今回は、栃木県那須湯本の廃墟 をご紹介。 基本的に . 廃屋 廃車 産業遺構 戦争遺構 廃ホテル 廃旅館
激渋な老松温泉@那須 - ぽこ&けんいち通信 - Yahoo!ブログ
2006年4月12日 老松温泉. 廃墟系に近いオンボロ系B級温泉。しかーし今まで那須エリアで入った中で、 お湯的にはナンバー1です。(握り拳!) 浴室には、ふたつの湯船があり、手前がぬるく奥 が熱め。色は、ぬるい方が白濁。熱めの方が加温した影響かやや
廃墟?温泉宿 - 廃虚アルティメット - Yahoo!ブログ
2013年4月15日 かの有名廃墟温泉の老松温泉ではないですかwww 一度泊まりに行ってみたいのです が遠くて・・・ いや、羨ましい限りです。 日本ボロ宿紀行というブログを見て、行きたかった 温泉です。 誘ってくれればいいのに・・・ 送迎付きで・・・(笑) 廃墟と 
廃墟のような現役温泉旅館 老松温泉 - 追憶の彼方へ-ruins rider
2013年11月30日 今回ご紹介するのは、栃木県那須町にある老松温泉。 ここは現役 小道を挟んで反対側には旅館の受付兼管理人さんのご自宅があり、こちらの廃墟のように 先日、行ってきた鬼怒川温泉も、周辺には多くの廃墟ホテル等が多くありました。
廃墟ときどき猫: 栃木県 那須湯本温泉 廃墟巡り
廃旅館の隙間を縫って老松温泉ある路地へ。この老松温泉というのが温泉マニアの中でもなかなかの廃墟温泉と名高い秘湯の一つなのだっ!言い忘れていたが私は温泉マニアでもある(`・ω・´)ゞさて、当の老松温泉だが先の地震のせいか暴風雨のせいか建物が崩壊していました。ま、
廃墟のようなホラー系温泉に挑戦!! マジで崩れてます!!
崩れた廃屋をそのままに、ボロボロの温泉旅館の存在が ファミ那須の支配人 那須の珍湯 老松温泉 喜楽旅館 わりと新めの石の看板! 完全に崩壊し廃墟化した宿の現場です! .. Posted by ズッキーハヅ at 2013年10月01日 11:50.
老松温泉**喜楽旅館**那須の珍湯
湯川の旭橋手前を右に曲がる. (郵便局過ぎたら行き過ぎ). しばらく凸凹道を進むと ♥akn♥ 駐車場. 那須の珍湯 老松温泉. 喜楽旅館. (喜怒哀楽の怒と哀を抜いたのか素晴らしいネーミング aya ). ここから徒歩1分. 廃墟となったホテル ホテル 
栃木 老松温泉 喜楽旅館 ちょっと温泉に行ってみますか/ウェブリブログ
2015年2月10日 (Powered by BIGLOBEウェブリブログ)9月は北関東方面の温泉調査と言いながら、これまで長野、新潟、福島とその周辺地域の温泉ばかりで 廃墟系旅館として紹介されることもありますが、現役の旅館で宿泊することもできるそうですよ。
支店タカハシ
温泉が流れてるのかな?大きな建物が見える。これ廃墟じゃね?カーテンビリビリだ。ちょっと行ってみよう。また明日、おちもんでした。
温泉マニア必見!那須の「廃墟」に湧く乳白色の絶品湯- 記事
ぬる湯がガチガチの肩や腰を癒す! 何時間でも浸かりたい群馬・川古温泉 CREA 2017年2月号 CREA WEB / 2017年1月10日 12時0分
那須湯本の「俺湯」巡り…その1<老松温泉「喜楽旅館」>|温泉×酒÷音楽≒テディ熊谷
老松温泉「喜楽旅館」3/21。甲子温泉を後にした我々3人(サワサキさん、うえっぴぃさん)は、まず今宵の宿、民宿「田中屋」を目指した。いやはや奥会津は連休中でも空いていたがさすが有名リゾート地の那須高原。高級外車もそこら中に見かけるぐらいの混雑だ。そこら中に見か