水平歩道

水平歩道(すいへいほどう)は、富山県黒部市の欅平から仙人谷まで、黒部川上流沿いに約 13 km にわたって延びる歩道(登山道)。

は黒部川の左岸に沿って、一部区間を除きほぼ同じ標高(約1,000 m)を保ったまま水平に延びている。鋭く切り立った黒部峡谷の断崖を「コ」の字形にくり抜いて作られた道であり、幅は狭いところで70から80 cmほど。

関西電力(関電)の黒部川第四発電所から延びる送電線の巡視路としても使われているため、道自体はよく整備されているが、途中には鉄製または丸太を組んで作った桟道もあり、また道が通っているのが川面から数百mの高さの絶壁上で、ひとたび転落すれば生命にも関わることから、俗に「黒部では怪我をしない」(落ちると怪我どころでは済まない、の意)と言われ、実際に転落事故がしばしば発生している。このため、登山道としては上級コースに区分される。危険箇所には山側に手すり代わりの太い針金やワイヤーが張られているが、谷側には転落防止の柵などは設けられていない。また、欅平から12 kmほどの場所にある山小屋「阿曽原温泉小屋」を除けばコース途中に避難所はなく、エスケープルートも存在しない。

毎年、初夏になって黒部峡谷に残る雪が消えてから整備を開始する。整備は関電が地元業者に委託して行われているが、その内容は雪崩などの被害があった箇所の補修のみにとどまっており、安全向上のための抜本的な対策は取られずにきている。

本歩道と並行して地下を走っている関西電力黒部専用鉄道の一般開放とあわせて、本歩道・日電歩道もより安全に通行できるように整備して黒部峡谷観光の目玉にすべきという意見も一部にあるが、具体的な動きにはなっていない。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

水平歩道 住所

富山県黒部市宇奈月町黒部

水平歩道 種類

廃道

水平歩道 画像

水平歩道

水平歩道 写真・ブログ・リポート

仙人谷ダム 道中4 志合谷~折尾谷の隧道: 林道・ダム・鉱山の勝手な記録
1 日前 妙応寺架道橋 1丁町橋梁 黒血川橋梁 一円芹川ダム周辺 おまけ 関西本線 加太 トンネル立坑跡 関西本線 旧R25 跨道橋 王滝森林鉄道 愛宕山鋼索線跡リベンジ. その他. 久瀬ダム横の廃吊り橋跡 飛騨大鍾乳洞 佐和山遊園 宇治川沿い廃墟
仙人谷ダム道中3 蜆谷~志合谷の隧道: 林道・ダム・鉱山の勝手な記録
6 日前 妙応寺架道橋 1丁町橋梁 黒血川橋梁 一円芹川ダム周辺 おまけ 関西本線 加太 トンネル立坑跡 関西本線 旧R25 跨道橋 王滝森林鉄道 愛宕山鋼索線跡リベンジ. その他. 久瀬ダム横の廃吊り橋跡 飛騨大鍾乳洞 佐和山遊園 宇治川沿い廃墟
仙人谷ダム: 林道・ダム・鉱山の勝手な記録
2012年4月1日 妙応寺架道橋 1丁町橋梁 黒血川橋梁 一円芹川ダム周辺 おまけ 関西本線 加太 トンネル立坑跡 関西本線 旧R25 跨道橋 王滝森林鉄道 愛宕山鋼索線跡リベンジ. その他. 久瀬ダム横の廃吊り橋跡 飛騨大鍾乳洞 佐和山遊園 宇治川沿い廃墟
モンロー会の小屋明け、登山時の記録(上部軌道から仙人谷雪
欅平駅までの水平歩道が続いている 各自腹ごしらえと、スパッツの装着や上着の調整 プロの山屋たち 長い歩きの始まり 水平歩道に出て、オリエンテーリング ここからは廃道を使って、仙人谷の雪渓に出ます いきなりの急登を経て、小さな峠に出る 休憩の後
もう一度行きたかった裏剣 その3
ここから、再び大きく登り返し、水平歩道に出なければならなかった。旧道の方がよほど楽だった。(事情通によると、旧道は残雪の影響をモロに受け、危険であること・保全が大変なこと、により廃道になったらしい。新道も危険度・保全性ともあまり宜しくないと
剱・北方稜線(2) 2012.7.28-31 - 山と渓流行脚 - Yahoo!ブログ
2012年8月4日 ところがこの道が度重なる崩壊で廃道となり、今では南仙人山を越えて仙人ダム経由の コースに変わっていた。 時間も大幅に延長。 行程は関電水平歩道を通るのでアップ ダウンは無く、コースタイム通りに歩けた。 いつか歩いてみたかった、
るく家の人々:夏山登山
2013年8月6日 今日は短いコースのはずだったのですが七年前にコースは廃道に、 代わりに険しい 仙人谷温泉を横目に一端急登、平坦な道はほどほどで終了。 ロープや梯子のある急坂 ここも一気に急登、水平歩道に取り付きます。 崩壊で所々高巻き