首吊り廃墟

首吊り廃墟は、大阪府大阪市浪速区のスパワールド前にある焼け跡廃墟。

焼け跡から2005年3月に白骨化した死体が見つかったという。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

首吊り廃墟 住所

大阪府大阪市浪速区恵美須東

首吊り廃墟 種類

その他・廃墟一般

首吊り廃墟 画像

首吊り廃墟 写真・ブログ・リポート

大阪新世界 (5) ミステリー廃墟編 - 大阪DEEP案内
2007年8月8日 この廃ビルのまん前に「スパワールド」のホテル施設がある。ここに泊まってい さらに 裏手に回ると、そこも廃墟同然の佇まいを残していた shinsekai08. ちなみに、2009 年GWの時点でもこの廃墟はそのまんまになっている。 その代わり、
大阪国技館跡 - 混沌写真
大阪国技館跡. 2011年04月26日 22:11. IMG7_31775.jpg. Tilt-Shiftシリーズはこれで ひと区切りです。 またいつか… みなさんのクリックが励みです。ポチっとよろしくね。 ← 人気ブログランキングへ(地域情報[大阪府])
新世界の朝 残照 - さすらいの武士 - Yahoo!ブログ
2007年11月16日 その昔「大阪国技館」がござったそうで、関西でも相撲興行があったのじゃなぁ^^. イメージ 3. そのまた隣には火災の跡が伺える廃墟が、何故か解体されずに放置されて おりまする。 実は2005年頃スパワールドに泊まった客が、このビルの屋上
大阪市 浪速区 「大阪国技館跡」の碑
所在地:浪速区恵美須東3丁目4番 大阪と相撲とのかかわりは古く、江戸とならんで 相撲の興行が盛んで、大阪相撲の伝統が築かれていました。明治11年(1878年)には 大阪相撲協会が設立され、明治38年(1905年)に難波新地に常設の興行場所が設け られ 
大阪の新世界は 嘗てミニパリだった 旅の一押しスポット/ウェブリブログ
大阪国技館跡. 画像. 新世界は、現在存亡の危機に立っている大相撲にも縁が有った。 かっての大阪は江戸以上に相撲興行の人気が高かった。それにも関らず1919年に新世界に開館したドーム式の国技館は東西合同興行開始の影響を 
【大阪】首吊り廃墟:廃墟の中のおかると
マジで申し訳ありません結果から言いますと首吊り廃墟に凸する予定だったのですが一般人が多すぎると言いますか....結構人気の串カツ(?)の店がすぐ傍にありまして俺等が入ろうとすると野次馬がやはり出てきまして凸は失敗となりますたスミマソ外側から写真を撮ってきたので

首吊り廃墟 キーワード

ホンマ 大阪