中島(西谷村)

西谷村(にしたにむら)は、福井県の南東部にあった大野郡の村。現在の大野市の南部一帯に当たる。

1959年の笹生川ダムの建設、及び1963年の三八豪雪、1965年9月15日の「四〇・九風水害」に加え、1966年に九頭竜川支流の真名川に真名川ダムが建設されることになったことから、集団離村が決定。1970年6月30日限りで廃村となり、翌日全村が大野市に編入された。

現在は西谷村の中心集落だった中島(現在の大野市中島)に麻那姫湖青少年旅行村が整備され、夏を中心にレジャーやキャンプを目的に観光客が訪れている。また、国道157号の脇には離村集落ごとに「ふるさとの碑」が建立されているほか、石垣や水車など生活の遺構も見ることができる。また、夏にはかつての住民やその子などが農業などをしている。冬は深い雪に閉ざされ道路も通行止めになるため、訪れるものは皆無である。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

中島(西谷村) 住所

福井県大野市中島

中島(西谷村) 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

中島(西谷村) 画像

中島(西谷村) 写真・ブログ・リポート

「廃村 千選」 ~ 福井県
ダム関係の廃校廃村として,大野市上若生子・(旧西谷村)中島・巣原=真名川ダム, 和泉村(旧上穴馬村)下半原・荷暮・東市布・大谷・中伊勢・久沢=九頭竜ダム,和泉村 小谷堂=石徹白ダムがあります(10集落,3ダム)です。 ・福井県で最も歴史が古い廃村
「自治体規模で消えた村(2)」 ~ 福井県旧西谷村
直接つながっている道こそありませんが,西谷村中島→温見峠→根尾村長嶺→馬坂峠 →徳山村本郷は60km,山岳路とはいえ2時間ほどで走ることが可能です。 近隣の 自治体(福井県大野市・和泉村・池田町,岐阜県根尾村)にも多くの廃村があることから, 西
自治体規模で消えた村(2) その2
2000年5月3日 中島の廃村記念碑の横にある西谷村の廃村経緯の看板です。 村役場もあった西 谷村の中心集落で,1965年(昭和40年)の奥越集中豪雨で中島の家屋の九割以上が 流出,土砂埋没などの被害を受けたことが西谷村全村離村へつながっ
「福井 奥越・災害に消えた旧行政村 平成16年秋」 ~ 福井県大野市旧西
私は平成16年10月11日(月曜日),九頭竜川支流上流部(福井県)の旧行政村の廃村 を訪れた。4年半ぶり四回目のことである 福井県大野郡旧西谷村は,県南東部(奥越 ),九頭竜川支流(真名川)の川筋にあり,下笹又,上笹又,中島,黒当戸(以上中心
大野の山里
西谷村と周辺の集落. 若生子、中島、 中島は西谷村の中心地であって役場や学校は もちろんのこと、商店や旅館,散髪屋、そしてよく耳にするタクシーなどもあった。笹生川 ダムや雲 道場は廃村になる少し前、別の場所に建て替えられました。地図では住民
真名川ダム 真那姫湖見学 その6
上流から水がどんどん押し寄せそれは土石流に遮られて下流に流れる事ができずあっ という間にこの中島地区は浸水していったのです。 そして笹生 こののちに真名川ダム 建設の話が持ち上がり同時に西谷村はそれを受け入れ廃村となりました。 整備された