フランケンシュタイン城

フランケンシュタイン城は、ドイツのダルムシュタットより5kmほど南にある、丘の上に造られた城である。

フォン・フランケンシュタインの名を受け継ぐ貴族によって13世紀以前に建てられた。かつては相当の大きさの要塞であったが、現在は2つの塔と、礼拝堂を残すのみとなっている。

17世紀後半から18世紀初頭において、この城は錬金術師であり自然哲学者のヨハン・コンラッド・ディッペルの住居となった。ディッペルは「フォン・フランケンシュタイン」と署名することがあったが、実際にはフォン・フランケンシュタイン家の子孫ではない。

小説『フランケンシュタイン、すなわち現代のプロメシュース』の著者メアリー・シェリーは夫妻でジェノヴァにいるバイロン卿を訪ねる途中でこの地域を旅したことがある。そして滞在先のジェノヴァで嵐の夜に怪談話をしている最中、この作品の着想を得たとされている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

フランケンシュタイン城 国

ドイツ

フランケンシュタイン城 種類

フランケンシュタイン城 画像

フランケンシュタイン城