スタンピード・トレイルのマジックバス

スタンピード・トレイルは、アメリカ合衆国アラスカ州デナリ郡にある、1930年代に鉱山採掘者らによって築かれた道。

1960年代に、鉱物を運んだ道を道路として整備する工事が行われたが、50マイルほどが建設された後、1963年に中断された。いくつかの川では橋も作られず、ほぼ廃道化していった。

マジックバス(The Magic Bus)は、他にThe Stampede Trail Bus、the 142 Bus、Fairbanks Busなどとも呼ばれる、スタンピード・トレイルはにある廃バス。建設労働者によって使われていたバスの一つ。エンジンがなく、ブルドーザー等により牽引されていたらしい。車軸を破損したことから放置され、ハイカーなどの休憩所・目印となっている。

現在では徒歩や自転車、バイクなどによる旅行者がトレッキングルートとして用いている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

スタンピード・トレイルのマジックバス 国

アメリカ合衆国

スタンピード・トレイルのマジックバス 種類

廃車・廃船・廃飛行機

スタンピード・トレイルのマジックバス 画像

スタンピード・トレイルのマジックバス