日本セメント門司事業所

日本セメント門司事業所は、福岡県北九州市門司区にあったセメント工場跡。「日○セメント○○事業所」等として紹介されていることもある。

1893年に浅野セメントとして操業開始。1947年に日本セメントと改称。1980年操業停止。なお、日本セメントは1998年に秩父小野田と合併して太平洋セメントになった。

建物群の中には大戦中の防空監視哨も残っていた。

1918年竣工の煉瓦造の建造物群が残り、蔦のからまる巨大な工場は多くの廃墟ファンを魅了したが、2008年に解体されてしまった。

解体され現存していません

日本セメント門司事業所 住所

福岡県北九州市門司区風師

日本セメント門司事業所 種類

廃工場・発電所

日本セメント門司事業所 画像

日本セメント門司事業所 写真・ブログ・リポート

AbandonedMojiCementPlant;廃墟旧日本セメント門司工場を探る|TomboyUrbex
インダストリアル物件が大好きな私にとって、門司のセメント工場は魅力的ば場所でした!残念ながら2008年に取り壊されました。
特集 日本セメント門司事業所
なお、日本セメントは1998年に秩父小野田と合併して太平洋セメントになった。 2004年 3月に三井鉱山セメント田川工場と香春太平洋セメント(上記、浅野セメント香春工場の 後継)が内陸立地のコスト高を理由に相次いで閉鎖になったが、ベルトコンベアで鉱山に
旧日本セメント門司事業所
2008年8月21日 廃墟の風景. 旧日本セメント門司事業所, 明治期に建造されたセメント工場が115年の 歴史を閉じる。 鹿児島本線をはさんで両側に工場があり、この位置から見えている 建物すべてが旧日本セメント門司事業所である。 工場はこの時点で閉鎖
【廃墟】日本セメント門司事業所全景 - DAREDEVIL Blog Re:build
2010年6月20日 廃墟】日本セメント門司事業所全景. 100620-001.jpg. さて、出せる写真が確定したので 、ガンガン放出していきます! まずは日本セメント門司事業所。 ここは残念ながら解体 されてしまいましたが、中は超迷路! 見応えたっぷりの廃墟でした。
日本セメント門司事業所 - お水の花道~トイレとウンコと時々廃墟 - Yahoo!ブログ
さよならなんて言わないよ2008年に惜しまれつつ解体された日本セメント門司事業所初めてここに行ってこれを見つけた時はウハーってなった
地元スポット定点撮影 <旧日本セメント門司工場>
画像-08) この看板には、「日本セメント門司事業所」 「←浅野スレート門司工場」 と書 かれていたと思います。 この看板も撤去されるのでしょうか。 (画像-09) 昨日解体され た "労組棟" 跡はどうなったのでしょうか。 (画像-10) 敷地には、まだ建物のレンガ塊が
日本セメント門司事業所02 - お水の花道~トイレとウンコと時々廃墟
2009年9月4日 お水の花道~トイレとウンコと時々廃墟. ようこそ!おすいの花道へヽ(^O^)ノご覧になっ てる一部の廃墟写真は念能力による念写らしいです(゚A゚;)ヒエェー. お気に入りの人に登録. 全体表示. [ リスト ]. < 日本セメント門司事業所 · 池島炭鉱跡・春 >
門司 廃工場 The closed factory in Moji - GMT foto @KitaQ
かつての工場が廃墟化し、野良犬の巣窟になっていました。 若松区西部エリアから八幡西区北部の皆さんにはお馴染みの、パン工房高須。 店名のとおり若松区高須東にあった店舗が、この度ひびきのに移転OPENしました。 .. Yamashita(山下寛) (10) Hiroyuki Kikawa(紀川弘之) (32) INSANITY (1) Jun...
福岡・日○セメント○○事業所
超巨大廃墟、日○セメント。セメント工場なのだが、何かとてつもないものを作っていた工場のような気がする・・・
アサノセメント門司工場跡探訪(1/3) - 気ままよろず日記 - Yahoo!ブログ
以前、ここの建物のひとつにある“防空監視哨”を昨年8月に紹介したが、今回はこの工場全体を写真に収めてみた。ただし、門は固く閉ざされ、立入禁止となっているので、外観だけの撮影。この工場はJR鹿児島本線の門司港・小森江両駅の中間に広がっている。敷地は鹿児島本線を挟
ALL-A[浅野セメント門司工場トップ]
門司の地に浅野セメントの工場が建てられたのは1893(明治26)年のことで、我が国のセメント産業においてはかなり初期の工場である。だが、解体直前まで現存していた建物がいつ頃の建設かはよく分からない。同社はその名の通り浅野財閥系の企業だったが、戦後の財閥解体によ
セメント工場の防空監視哨 - 気ままよろず日記 - Yahoo!ブログ
実はここ、先日購入した“北九州の戦争遺跡”という本に載っていた場所だ。この工場の建物群の何処かの屋上に“防空監視哨”という戦争の遺物があるらしい。“防空監視哨”とは、レーダーがあまり発達していなかった第二次大戦中、敵機・敵艦を目視で発見するために設けられた、見
廃墟&近代化遺産(巨大プラントの最期):響とバイクと山遊び:So-netブログ
満を喫しての大型物件です。ハウルの動く城を思わせるその巨大工場は日本の近代化を支えたマテリアル生産拠点だった。日本セメント工場跡。明治26年に匿名組合浅野門司分工場として操業が開始され、後に太平洋セメントになり昭和55年に閉鎖している。北九州市の関門海峡を望む
廃工場萌え(^0^): 海峡暮らし
海岸を走る国道199号線沿いにある日本セメントの巨大な廃工場。この廃工場を船に乗って海から遠景で見ると、まるで宮崎駿アニメに出てくる古ぼけた工場街みたいに見えて、ちょっとワクワクします。でも、地上から間近で撮ったら、宮崎駿風な絵に撮れませんでした(TT)警備室