愛宕山鉄道(愛宕山ケーブル)

愛宕山鉄道(あたごさんてつどう)は、現在の京都府京都市右京区の嵐山駅から清滝駅までの普通鉄道路線と、清滝川駅から愛宕駅までのケーブルカーを第二次世界大戦前に運営していた鉄道事業者。

路線沿いにリゾート開発が計画されていたが、戦時中に全線が不要不急線に指定されたことから廃線となり、ホテルなどの観光施設もすべて閉鎖された。

平坦線の跡地は清滝道として道路に改修された。ケーブルカー遺構も清滝川駅跡地や線路跡、愛宕駅の駅舎建物などが残存しているが、愛宕駅舎は崩壊しかけており、また6つあるトンネルのうち2つは内部が崩壊していて、非常に危険な状態になっている。

地図は愛宕山駅。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

愛宕山鉄道(愛宕山ケーブル) 住所

京都府京都市右京区嵯峨水尾大岩

愛宕山鉄道(愛宕山ケーブル) 種類

廃線・鉄道駅

愛宕山鉄道(愛宕山ケーブル) 画像

愛宕山鉄道(愛宕山ケーブル)

愛宕山鉄道(愛宕山ケーブル) 写真・ブログ・リポート

愛宕山鉄道ケーブル廃線跡
「愛宕山鉄道ケーブル廃線跡 「. 2002.12.15(日)。愛宕山を訪れ
愛宕山鉄道、愛宕山ケーブル遺構と愛宕ロッジ跡探訪
今昔対比・愛宕山鉄道、鋼索線(嵐山駅~清滝駅、清滝川駅~愛宕駅)ルートマップ 昭和4年(1929年)7月25日、愛宕山ケーブルが開通し清滝川駅~愛宕駅の2kmを結び 、当時としては日本一の長さと技術水準を誇った に鉄道と共に廃線となりました。愛宕
※清滝川駅・愛宕駅(愛宕山鉄道・鋼索線)
防火の神様として有名な愛宕神社への参拝客の輸送を目的として建設された愛宕山 鉄道・鋼索線の発着駅。嵐電・嵐山駅から出てい 廃線跡はほとんどそのまま放置され 残っており,愛宕駅の駅舎も崩壊寸前ながら自立して残っている。 【駅データ】 ※現在は
愛宕山鋼索線跡 その1
戦前、京福電鉄(京都電燈)嵐山駅から愛宕駅までを結ぶ愛宕山鉄道という路線が ありました。 昭和4年から昭和19年までという大変短い期間で廃線になりました。 嵐山 駅から清滝駅までの平坦線区間(3.4km)と清滝川駅から愛宕駅までの鋼索線
愛宕山鉄道平坦線・鋼索線廃線跡を歩く
愛宕山鉄道平坦線・鋼索線廃線跡を歩く. 第1回 打ち出の小槌・知的散策会 ■散策の 目的 古来より京都への参拝客は多かった。その利便を少しでもよくするため、電気事業 が行われ、 発電所が建てられ、電気鉄道が敷設され、今日、交通機関としてひろく利用
愛宕山ハイキングII-1
の愛宕参り。 前回スルーした愛宕山鉄道跡も探訪します。 ここからまっすぐ廃線跡 を登り、愛宕山駅を目指します。 ※愛宕山周辺の地図は前回のレポを参照願います。 尚、廃線跡は正式な参道ではなく、現在の地図には記載されていません。 気軽に登るの
無題ドキュメント - nifty
分類, 廃線(鋼索線), 備考, 低い位置のトンネルしか通れない 1926年 愛宕山登山 電気鉄道 敷設許可 この「愛宕山鉄道株式会社」は、この鋼索線のほかに嵐山- 清流間の電気鉄道、鋼索線の愛宕駅近くに建てたホテル、愛宕山山頂から北側へ 広がる
古絵葉書・愛宕山鉄道 終点愛宕駅
しかし、その愛宕山鉄道が昭和19年に「不要不急線」に指定されて廃線となり、 戦後も復活することなく放置され現在は廃墟となっています。 ですが、この絵葉書の「愛宕駅」は、ふもとの始点清滝川駅と違い鉄筋コンクリート製だったため
続・愛宕山鉄道廃線跡
blogs.yahoo.co.jp/d19756236/4301275.html 戦前嵐山から愛宕山へと走っていた愛宕山鉄道の廃線跡を訪ねたものであるが、今回新たに見出した痕跡を主に記し 愛宕駅跡 表参道水尾別れの地点(写真左上の休憩所のあるところ)から少し登っ
愛宕山鉄道廃線跡
どちらも昭和4年に開業したものの第二次大戦に入って鉄供出のために昭和19年廃線となった。廃止になってもはや60年以上経っておりその痕跡を探るのは難しい。 戦争さえ起こらなければ生き残っていたかも知れない愛宕山鉄道。やはり戦争は罪である。
参差錯落: 廃線跡巡り~「愛宕山ケーブル」
2006年11月5日 廃線跡巡り~「愛宕山ケーブル」. 前からどうしても行きたい 愛宕山鉄道鋼索線 跡 からのルート。 今日はこの4番目のルート トンネルの崩落が2箇所あり、山道を歩か なければならないがなんとか愛宕山駅にたどり着く。 ここから少し離れた
愛宕山:廃墟を見に行こう [後半]
京都でハイクで廃墟に行こう! 愛宕山 山頂駅舎の廃墟を目指してハイキング. 2004年 6月19日(土) ちょっぴり失敗編 [後半]. 前半:ミスって普通の軽登山 後半:廃墟と愛宕 鉄道ケーブル廃線 愛宕神社からとっとこ歩いて水尾分レまで戻る。予定じゃ帰りは月 輪
廃線探索 愛宕山鉄道鉄道路線
2009年12月31日 愛宕山鉄道(あたごやまてつどう)は、現在の京都府京都市右京区の嵐山駅から清滝駅 までの普通鉄道路線(平坦線) 廃線と同時に、ホテルなどの観光施設もすべて閉鎖 され自然に還ることとなり、愛宕山地区のリゾート施設は幻と消えて
廃線探索 愛宕山鉄道鋼索線
2009年12月31日 愛宕山鉄道鋼索線(あたごやまてつどうこうさくせん)は、清滝川駅から愛宕駅までの ケーブルカー(鋼索鉄道)を戦前に運営していた その後、戦時中に全線が不要不急線 に指定されたことから廃線となり、戦後も復活することはなかった。
廃止鉄道ノート-関西
参考資料, 鉄道ピクトリアル通巻144号/愛宕山鉄道/山崎寛 著・・・失われた鉄道・ 軌道を訪ねて 参考web, 幻の鉄道「愛宕山鉄道」を訪ねて . 参考資料, 鉄道廃線跡 を歩くⅧ/近畿日本鉄道小房線/宮脇俊三 編著
愛宕神社 その1(京都市右京区)
かつては、嵐山から愛宕山鉄道が走っていましたが、戦時中に廃線となってしまいました。 バスは廃線跡を走ります。 清滝バス停から清滝川を渡ると表参道です。 紅葉がきれいでした。 表参道の鳥居。 右は愛宕山鉄道の鋼索線(ケーブルカー)跡です。
愛宕山廃墟VOL.2 :: SITELIFE.JP BLOG/京都のヘアサロン「LIFE
2011年9月13日 愛宕山廃墟巡り楽しかったです きらきら ギリシャの神殿見るくらい楽しかったです。でも 、観光地化されてないし、山の中に木々ととけあって静かに立っているのもいいし、色々 と妄想しながら、あー昔はここに駅舎があってホテルがあって、遊園
アルバム/愛宕山鉄道平坦線・鋼索線廃線跡を歩く
アルバム/愛宕山鉄道平坦線・鋼索線廃線跡を歩く. ■清滝から嵯峨野・野々宮神社前 へ. 清滝から嵯峨野・野々宮神社前に向かう, 縁結びで知られる野々宮神社前にて. ■ 嵐山の桂川周辺にて. 桂川(大堰川)のほとりを歩く, 嵐山をバックに, 渡月橋. Top Page
愛宕山鉄道鋼索線 MTB
14年くらい前になるが、『鉄道廃線跡を歩く』という本を立ち読みして愛宕山ケーブルの 存在を知り、いつか行きたいと思っていたルート。 清滝からケーブルカーを使って愛宕 神社への参詣客を運んだ愛宕山鉄道鋼索線は、嵐山~清滝まで結ぶ平坦線と共に 1929
愛宕山鉄道鋼索線山頂駅舎1|廃墟二番煎じ
愛宕山鉄道鋼索線(ケーブルカー)の愛宕駅跡。 自然のままに朽ちゆくコンクリート建築が手付かずで残されており. 窓から差し込む光が美しい廃墟だ。 本鋼索線は今からはるか昔、昭和4年に開業したという。 駅舎付近には遊園地やスキー場が併設され一大