中川煉瓦製造所

中川煉瓦製造所は、滋賀県近江八幡市船木町にある明治時代に創業した煉瓦工場跡。

ホフマン窯によって1967(昭和42)年6月まで煉瓦を焼成、1969(昭和44)年暮れまでは屋根瓦を焼成していた。

近代化産業遺産に認定されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

中川煉瓦製造所 住所

滋賀県近江八幡市船木町

中川煉瓦製造所 種類

廃工場・発電所

中川煉瓦製造所 画像

中川煉瓦製造所 写真・ブログ・リポート

中川煉瓦製造所 本店 その 5
中川煉瓦製造所 本店 その5. 表に出てき そしてこの旧中川ホフマン式輪窯と中川 煉瓦製造の遺構がある現在の敷地の管理を行なっている高齢者福祉施設「赤煉瓦の郷 」 余談ですが廃墟写真家で有名な某氏が出した写真集にこの遺構があったそうです。
旧中川煉瓦製造所ホフマン窯・近江八幡市船木町 / 歴史文化 [滋賀文化
中川煉瓦製造所の誕生は、まさに日本が欧米列強に比肩するために国家の近代化に 邁進した歴史と重なる。煉瓦建築を導入する そのため、煉瓦の隙間に根を張った草木 が茂り、見るからに廃墟という感が否めない状態になっていた。ところが最近になって、
旧中川煉瓦製造所煙突
滋賀県で最初にれんがの製造を始めた旧中川煉瓦製造所のホフマン窯は、国内に現存 する4基のうち最大級で、高さ約30メートルの煙突の周囲をアーチ状の窯がロの字形に 取り囲むそうだが、つる 付近には壊れた煉瓦建造物が放置され、廃墟状態である。
旧中川煉瓦製造所煙突
滋賀県で最初にれんがの製造を始めた旧中川煉瓦製造所のホフマン窯は、国内に現存 する4基のうち最大級で、高さ約30メートルの煙突の周囲をアーチ状の窯がロの字形に 取り囲むそうだが、つる 付近には壊れた煉瓦建造物が放置され、廃墟状態である。
近江八幡(近江八幡市)その2
町名は豊臣秀次の補佐、中村一氏の通称「孫平治」にちなむという。 2009/07/16撮影. Mapion. 寺内西町通り(孫平治町1丁目). 宮前通りとの交点から北を眺めたところ。 右側の煉瓦造の建物は旧中川煉瓦製造所縄縫工場。大正時代の築で、登録有形文化 財
中川煉瓦製造所 本店 その 5
中川煉瓦製造所 本店 その5. 表に出てき そしてこの旧中川ホフマン式輪窯と中川 煉瓦製造の遺構がある現在の敷地の管理を行なっている高齢者福祉施設「赤煉瓦の郷 」 余談ですが廃墟写真家で有名な某氏が出した写真集にこの遺構があったそうです。
中川煉瓦製造所 本店 その 2
中川煉瓦製造所 本店 その2. 中は当然、真っ暗です。 ライトで照らしますが何しろ 大きい遺構です。 入ってすぐの天井に電球がありました。 もちろん窯の全盛期には なかったものです。 中で作業する為に設置したものでしょう。 入ってすぐの場所から入口 を見ると
中川煉瓦製造所 本店 その 4
中川煉瓦製造所 本店 その4. 第三コーナーを抜けました。煉瓦の色は微妙に違ってき ています。 焼きが入って真っ黒の部分とそうでない明るい色の部分です。 最終コーナー を回りました。 地下回廊を巡っている気分です。 鎖された壁に辿り着きました。 煉瓦を
滋賀県近江八幡市 旧中川煉瓦製造所 - Japan Geographic
その構造上、連続して大量の煉瓦を焼成するのに適しており、一時は日本全国に50基以上ものホフマン窯が築かれていたといわれる。 現存するホフマン窯の中でも旧中川煉瓦製造所のホフマン窯は最大規模を誇り、幅約14m、長さ約55m、煙突の高さは約30m。 煉瓦は「イギリス積み」と呼ばれる . そのため...
N煉瓦製作所本店
N煉瓦製作所本店所在地***探索日最終探索????????建築明治末期建造分類工場規模残存小規模(2棟 窯)明治産まれの堂々たる廃墟、N煉瓦製作所本店。その後文化財に指定された。夕日に映える煉瓦の城は、直方体の切り傷を晒して匂い立つ。背景の真新しい住宅と好対照
滋賀に残る最大規模『旧中川煉瓦製造所のホフマン窯』:毎日が正月日和
近江八幡の観光通りから少し外れた場所に『中川煉瓦製造所』の旧煉瓦製造所があるというので行ってみました。一体どこにあるのかとしばらく探していたら福祉施設の敷地内にあって、草木が生い茂り、それはまるで廃墟な建物のようでした。でも実はこれ、建物ではなく「ホフマン式輪