太平洋セメント秩父第一工場

太平洋セメント秩父第一工場は、埼玉県秩父市大宮にあった巨大セメント工場。「TセメントC工場」等として紹介されていることもある。

1925(大正14)年7月、武甲山から採掘した石灰石を原料にして生産を始めた。最盛期の73年には年間150トンを生産し、従業員も千人を越えていた。その後生産量は減少、2000年3月末で操業を休止した。

圧倒的な外観で廃墟ファンを魅了し続けたが、2008年5月12日より解体作業が始まり、現在は更地に戻っている。

解体され現存していません

太平洋セメント秩父第一工場 住所

埼玉県秩父市大宮

太平洋セメント秩父第一工場 種類

廃工場・発電所

太平洋セメント秩父第一工場 画像

太平洋セメント秩父第一工場 写真・ブログ・リポート

秩父太平洋セメント工場|「そうだ樹海、行こう」 |←樹海| (^o^ )三
2011年7月21日 かもす@廃墟・樹海探検家の「そうだ樹海、行こう」 |←樹海| ┗(^o^ )┓三の記事、秩父 太平洋セメント工場です。 などを経て、今はこの名称で稼動している。ちなみに秩父第 一工場は廃墟として残されていたが、少し前に解体されてしまった。
無題ドキュメント - nifty
太平洋セメント第一工場. 廃墟齢, 不明, 危険個所, 高所. 築年数, 不明, 規模, 大型 プラント. 荒廃度, 荒廃はほとんどない, 所在地域, 埼玉県秩父市. 分類, 遊休設備, 備考, 廃墟の中に稼動中施設あり. 物件用途, 工場, 稼動中の事務所もある. 被写体適度, B
TセメントC工場
かつては全国各地に存在していたセメント工場もかなり減少している。その中には大規模なものもあれば小規模なものもあるが、今回紹介するのは埼玉のかなり大きな、かつよく知られたセメント工場だ。工場の操業開始は1925(大正14)年。73年には年間150トンを生産、「セ
廃墟 - Memory Information - Yahoo!ブログ
解体が決まったけど、秩父セメントあの廃墟は素晴らしかった
螺旋階段(別館) 【解体済】太平洋セメント(秩父)1
劣化した階段を登るのが、めっちゃ怖かった。もうムリはいたしません。青い貯水池が見られたのは、1回目だけ。この太平洋セメント秩父工場には、3回行きました。今回の記事&スライドショーは、1回目の訪問の時のものです。全体像っぽいけど、左の方に、まだいろいろ施設がある
廃墟 秩父セメント工場跡 遺構調査機構
廃墟鉱山廃坑坑道廃鉱「覚えていますか?・・・・」(撮影:2007年3月)掲載写真には「週末探検隊」の写真、週末探検隊専用サーバーに置かれている写真も使われています。八画文化会館様「廃墟という名の産業遺産」に掲載させて頂きました。遺構調査機構へ戻る秩父セメント工
在りし日の秩父セメント | Ruin's Cat -郷愁的廃墟写真-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書く事で広告が消せます 霧に包まれる、在りし日の秩父太平洋セメント工場。 秩父セメントとバイク_GN125H 霧の中のバイクでの峠越えは危険を伴った。 秩父セメントとバイク_GN125H_アップ 近くて遠い、雄々たる摩天楼を...