ルザムバ空港の廃飛行機群(Luzamba airport)

事故飛行機がそのまま放置されている空港

ルザムバ空港(Luzamba airport)は、アンゴラ北部にある空港。複数の飛行機が事故後そのまま放置されている。

1999年2月に滑走路をオーバーランし死者2名負傷者36名を出す事故を起こしたアンゴラ航空Antonov An-26、同じく1999年にオーバーラン事故を起こしたTransafrik L-100-30 Hercules(C-130機の民間転用)などが、航空写真から確認できる(ズームアウトすると位置を確認できる)。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ルザムバ空港の廃飛行機群(Luzamba airport) 国

アンゴラ

ルザムバ空港の廃飛行機群(Luzamba airport) 種類

廃車・廃船・廃飛行機

ルザムバ空港の廃飛行機群(Luzamba airport) 画像

ルザムバ空港の廃飛行機群(Luzamba airport)

ルザムバ空港の廃飛行機群(Luzamba airport)