上山田線(平恒駅)

上山田線(かみやまだせん)は、福岡県飯塚市の飯塚駅から田川郡川崎町の豊前川崎駅までを結んでいた、九州旅客鉄道(JR九州)の鉄道路線(地方交通線)である。国鉄再建法施行により第2次特定地方交通線に指定され、国鉄分割民営化後の1988年に廃止された。

地図は平恒駅跡。ホームがそのまま残されている。

平恒駅跡近くには三菱飯塚炭鉱の積出専用線遺構も見られる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

上山田線(平恒駅) 住所

福岡県飯塚市南尾

上山田線(平恒駅) 種類

廃線・鉄道駅

上山田線(平恒駅) 画像

上山田線(平恒駅) 写真・ブログ・リポート

上山田線跡探索記: 北九州の廃線と廃坑を歩く
北九州の廃線と廃坑を歩く. 北九州の鉄道と炭鉱の遺構めぐり 飯塚駅側から平恒 方面を見ると3つ並んだ住友石炭鉱業忠隈炭鉱のボタ山が見える。 Img_2347 飯塚駅 から嘉穂信号場へ 500mくらい来ると三菱炭鉱の巻上機跡。巨大である. Img_2319
上山田線廃線跡調査
上山田線廃線跡調査 上山田線は筑豊本線の飯塚から上山田を経て日田彦山線の 豊前川崎までを結んでいた路線。 のちには、この地方の石炭を周防灘の苅田港に 最短距離で運ぶために油須原線(漆生~上山田~油須原)が計画され、昭和41年に漆
上山田線廃線跡調査2
上山田線廃線跡調査 2 右手からほぼまっすぐに上山田線が通り、左手から漆生線が カ
遺構へ行こう 〜鉄道廃線跡を訪ねて〜|上山田線
遺構へ行こう 〜鉄道廃線跡を訪ねて〜|上山田線 知っていますか?あの街に鉄道が 走っていたこと。覚えていますか?あなたの街に駅があったこと。その廃線跡はどうなっ ているんだろう? さぁ、鉄道遺構へ行こう!!
魅惑の鉄道写真 4
その後はローカル線として地域輸送に貢献したが、国鉄再建法により第2次の廃止転換 対象路線の指 定を受ける事になる。 . 今の筑豊本線が原田まで延伸するまでは、この 上山田線が『筑豊本線』を名乗っていたのである。 . 鉄道以外に公共交通機関のない 陸別町以外は資金供出を拒否をし、自治体...
上山田線廃線跡調査3
上山田線廃線跡調査 3. 調査結果. 嘉穂信号場~下山田. 道路が線路を越える。線路跡
雪の上山田駅で
暑いですね! こんな暑い日には涼しくなるような写真を♪ これは廃線となった上山田線の上山田駅(福岡県)での雪の降る日の1枚です。 キハ30とキハ58(キハ28?)の2両編成 今となっては懐かしい写真です。
田川ツーリングその4
漆生線、上山田線も相次いで廃止された。 結局油須原線の通っていた駅では日田彦山線の豊前川崎だけが唯一JRの駅として残っている。 今回の田川ツーリングは前半は泌池をめぐるツーリング 後半は廃線めぐりになってしまった 筑豊はまだまだ奥が
廃線跡上山田線
その筑豊炭田地区を 南部地区を東西に貫いていたのが上山田線だった。明治36年 九州
上山田線
ここから廃線跡は新しい県道に変わってしまってます。下山田駅及び上山田駅はその 跡地が公園のような広場へと変わり、バス停にのみその名前を残している。廃線跡は この先もしばらくは県道となって続いていますが・・・
20年前の記録・(廃)上山田駅(第2回目)
今から20年前に上山田線跡地を探検したのを思い出してしまいました。 昔のアルバムを引っ張ってみると、ちゃんと記録として残していました。 鉄道もJR九州に継承後、わずか1年4ヶ月で廃線に追いやられてしまいました。 JRは国の事業ではなく
20年前の記録・(廃)上山田駅(第1回目)
上山田線と同じく廃線に追いやられてしまいました。 奇しくも北海道の歌志内線、福岡県の上山田線も明治時代に開業し、廃線もほぼ同期に行われています。 歌志内線・・・明治24(1891)年~昭和63(1988)年4月25日廃止 ( JR北海道
20年前の記録・(廃)下山田駅
上山田線は廃線に追いやられてしまいました。 網の目のように張り巡らしていた鉄路が筑豊本線のみ残し、次々と廃線に・・・。 廃線になってから4年。(1988(昭和63)年8月31日廃線、1992(平成4年)8月17日訪問) 4年経つと
どーなる牟多田橋
おっちー師匠のトコ と勝手に連動企画 かつては上山田線を跨いでいた陸橋牟多田橋 (線路は土砂の下) その線路も既に廃線になり 大隈側からは線路の道路化が着々と進行中 わずか2年ですばい モジャってたけど元々はこんな切り通しで それなり
巻上機横
国鉄上山田線跡の道路に沿って、ふたつあります。 掘った石炭を引っ張り上げるための、機械を設置してた台らしいです。 宮脇俊三さんが、廃線跡を歩くシリーズで取り上げられ、保存を熱望されてましたが、 ちゃとと市の文化財とし
上山田線廃線跡調査5
県道を渡って熊ヶ畑トンネルへと入っていく路盤。 熊ヶ畑トンネル入り口。 熊ヶ畑トンネル出口。路盤は草むしてきているがまだ十分歩ける。 熊ヶ畑トンネル出口。トンネル内にはレールが残る。入り口の光が見えた。 熊ヶ畑トンネルを抜けた先の路盤。ここからは 
北九州の廃線と廃坑を歩く: 上山田線跡探索記
昭和44年8月の臼井駅のC11の下りの上山田方面へ向かう列車だろう。 向こうの建物は旧明治炭鉱平山鉱業所の選炭場だろう。 門鉄の九州の蒸気機関車より. Img_2315. 臼井駅から2.5キロくらいで大隈駅だった場所に着く。 今は公園と 
廃虚シリーズVol,7(旧JR上山田線):響とバイクと山遊び:So-netブログ
今回は、筑豊の繁栄を支えた旧JR上山田線です。鉄橋の跡ですが、特に立入り禁止とかになってなくて自由に見れます。(自己責任で怪我しないようにネ)この旧JR上山田線は石炭貨物輸送で活躍した後、炭鉱衰退に伴い、1988年に廃線となりましたがまだ面影が残ってる数少ない
上山田線廃線跡調査1
飯塚駅新飯塚方向。線路がはがされた広い構内が見える。 飯塚駅天道方向。こちら方向に上山田線が出ていた。 飯塚駅改札口を入った場所の様子。ホームがかさ上げされた様子がうかがえる。 1999年の飯塚駅の様子。側線群が残り、保線車の基地になっ