八十里越

八十里越(はちじゅうりごえ)は新潟県三条市と福島県南会津郡只見町を結ぶ街道の名称で、二つの峠(鞍掛峠、木ノ根峠)を含む。またこの区間を結ぶ国道289号の改良事業名。名称の由来は「八里の区間でありながら八十里もあるかのように急峻・長大な街道である」ところから来ている。現在のところ、まだ車両が通行できる道路は開通しておらず、「点線国道」となっている。

正式な廃道ではないが、自動車はおろか徒歩でも踏破困難な難路となっている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

八十里越 住所

福島県南会津郡只見町蒲生

八十里越 種類

廃道

八十里越 画像

八十里越 写真・ブログ・リポート

R289登山国道
南東北の深い山間を横断するが、新潟・福島県境の八十里越が未開通となっている。 廃道となるR289甲子道路. ■撤去された標識. 平成20年(2008年)9月21日、甲子峠 の分断区間を解消する目的で建設が進められてきたR289甲子道路が開通。甲子峠
八十里越
八十里峠(木ノ根茶屋跡)県境 13:45 松ヶ崎 14:25 八十里越入口( 前日の土曜日に 大雲沢ヒュッテに宿泊し、翌日新潟県下田村の吉ヶ平から福島県入叶津に至る八十里 越に挑戦した。 . 何時までも廃道になる事無く残り続けてくれる事を願うばかりだ。 八
見附から吉ヶ平へ
当然この路は幕末当時にはない。下田村の葎谷に直接抜ける山道を通ったのだが、 現在その道は廃道になっている。この峠は「水の木峠」というそうです。 八十里越街道 本道に出て吉ヶ平に向かう。道は途中から舗装が切れるが、緩やかな上りで走りやすい 。
八十里越
八十里越(吉ヶ平404m~鞍掛峠965m~大麻平505m) 沢の渡渉, ぬかるみの山道, 八十里越入口(入叶津) . 今はだいぶ廃道化しているがあれだけの沢、へつり道を馬も 人も行き来したとは、驚くばかりである。 今回は残雪も少なくルートの不明朗な所は
八十里越え
2010年7月31日 そんな折り只見町で「希望と歴史の道八十里越を歩く会」主催の歩きが昨年復活した ので早速申し込んだ。 最初は6月の第2 今歩いているのが新道で峠から古道、中道 があったらしいが今は廃道化しているとのことである。峠では写真撮影
晩秋の八十里越
2010年11月21日 途中に難所があり実際の距離の10倍に感じられることから八十里となった説と、坂東里 の八十里がそのまま峠名になったとの説がある。 戊辰戦争の 道路は明治期に6年の 歳月をかけて幅4mに大改修されたが、現在は廃道と化している。
もう1つの、大きな、大きな一歩: 三条市長日記
2012年6月28日 0628八十里3.JPG “八十里 腰抜け武士の 越す峠” 拙ブログでも、たびたび登場する 幕末の長岡藩家老、河井継之助公 そんな想いから、昨日、福島県只見町さんを始め とする多くの関係機関とともに、“八十里越道路暫定的活用検討懇談会”
4)八十里越
この地域には八十里越と六十里越という越後と会津を結ぶ二つの街道があるが、実際 の距離はその十分の一ぐらいで、十倍ほど長く感じられること 八十里越は戊辰戦争 の時、長岡藩の河井継之助が負傷してこの道を通って会津へ逃れたので有名である。
国道289号線 福島県側 八十里越峠2|Hi-ROAD - Ameba
2013年12月6日 国道289号線 福島県側 八十里越峠2-やっとの思いで?偶然に? 国道として指定されたのは昭和45年のことらしいのですが、すでにそのころには鉄道の利用者のほうが多く、沿道の集落の離村などもあり、国道は廃道同然だったそうです。