倉沢集落

倉沢集落は、東京都西多摩郡奥多摩町の廃村。

炭焼きを生業とした山村集落だったが、昭和30年代、石灰鉱山の社宅が造成され、最盛期は数十の家庭が暮らしていた。その後、鉱山の衰退に伴い住民は離散。

東京都指定天然記念物の「倉沢のヒノキ」がある。推定樹齢600年、幹周6.3m、樹高約33m。

建物のほとんどは平成17年に取り壊されたらしい。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

倉沢集落 住所

東京都西多摩郡奥多摩町日原

倉沢集落 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

倉沢集落 画像

倉沢集落 写真・ブログ・リポート

幻の廃村 倉沢
今回は「初廃村」を探索してきた。 廃村 「倉沢」へのアプローチはちょっとした山道を歩か なければならない。 これはその途中にある観光名所 倉沢のヒノキ。 ほどなく 廃村に 到着。階段を挟み雛壇の上に住宅が並んでいる。 倉沢は古くから集落のあった場所 らしい
倉沢の廃村跡 10/10/31
暗い出来事が原因で廃村になったわけではないのだ。 少し倉沢集落の説明をしよう。 元々は炭焼きを生業とした山村集落だった。 その後、この地に奥多摩工業日原鉱業所に通う方々の社宅が次々に建つ。 最盛期には200人以上の人々が住んでいたとのこと。
鉱山鉄道の遺構…その1 - 気ままよろず日記 - Yahoo!ブログ
2006年1月27日 北九州 多摩 信州) 山深い奥多摩の集落の中にあって、異様なほど巨大で、まるで何 かの要塞の様です。 .. 廃村・倉沢. 奥多摩のとある山奥にあった集落が、この倉沢村。 私が廃墟に興味を持ったきっかけの場所であり、初めて訪れた場所
「雛壇状石灰鉱山集落跡の謎に迫る」 ~ 東京都奥多摩町倉沢 - FC2
9/11~12/2004 奥多摩町倉沢. # 31-1: 都下 鎌田さんは廃校については冊子を まとめられるほど足を運んでいるのですが,廃村は初めてとのことで,興味深げです。 日原チームは小学校跡とその近くの奥多摩工業日原社宅を見てきたとのこと。恒例の 飲み
日原・倉沢廃村と大ヒノキ(前編): たなぼた
いまはもう廃村となった日原・倉沢部落を訪ねた。その入口には名物の大きなヒノキがあるそうだ。奥多摩の日原街道から分かれ、北側の尾根を登っていく。急なつづら折りで120mほど高度を上げるが、都の管理とあって径はよく整えられている。尾根の先端にたどり着くと、村の象徴
【東京の廃墟】廃村・倉沢跡地写真集 - よっちーの小屋
2013年4月20日 自分が初めて訪れた廃墟が、この奥多摩にある廃村「倉沢」の集落跡地、そして更に奥多摩に存在する「奥多摩ロープウェイ」という40 廃村・倉沢跡地へ向かうために、ここからバスを待ちましたまずは目印である「倉沢のヒノキ」を目指します
廃村倉沢 | KGじゃぱん
東京は奥多摩の山奥にある廃村。2001年3月に訪問。車も入れない山奥の急斜面に段々と同じ形の家が並んで建っている光景が印象的な集落跡。ほど
横篶尾根の巡視路を歩む
日原川倉沢谷Top日原散策まっぷ廃村,倉沢集落に出向き,横篶尾根を取り囲む尾根,支尾根を周回倉沢谷右岸歩道から横篶山を経て一杯水小屋―山腹道からはハンギョウ尾根中腹道を経て小川谷左岸道へ,2015年09月05日,松村旧倉沢集落から横篶山幕岩尾根南東支尾根一杯
『倉沢廃集落』マイナー廃キング2日目
◇マイナー廃キング『キュウハ沢のエンジン』 ◇マイナー廃キング『ユーシン渓谷』 つづき 2日目は10時に青梅駅で合流して奥多摩を攻めます 奥多摩曳鉄線、鉄橋の上にトロッコ 掘り尽くされた石灰鉱山を横目に じゃ、2日目行きますかっ
東京奥多摩・聖地倉沢廃村(その1) : ランラン日記王
これが廃村手前の倉沢橋。東京都で一番高い橋らしい。東京都の概念が今おれの中で壊れて行く。例によってカーナビには途中で置いて行かれる。いよいよ廃村お決まりというか登竜門?の林道に入る。今回もまたハードな
奥多摩の廃村/旧倉沢村 前半 - 翼のない潜水者
連休の中日に廃村(ほぼ前半)と小河内ダム(後半)に行ったのでそのこと書きます。 倉沢集落は西多摩郡奥多摩町にある幻?の廃村で有名。 近くの山にコンクリートの原材料となる石灰岩の採掘場があった。 高度成長期、都市の