同潤会三ノ輪アパート

同潤会三ノ輪アパートは、東京都荒川区東日暮里2丁目にあった同潤会アパートの一つ。

同潤会アパート(どうじゅんかいアパート)は、関東大震災後に発足した財団法人同潤会が東京・横浜に建設した鉄筋コンクリート造の集合住宅のこと。

近代日本で最初期の鉄筋コンクリート造集合住宅として貴重な存在であり、居住者への配慮が行き届いたきめ細かな計画などの先見性が評価されている。特にその一つである大塚女子アパートは、完成時はエレベーター・食堂・共同浴場・談話室・売店・洗濯室、屋上には、音楽室・サンルームなどが完備されていて当時最先端の独身の職業婦人羨望の居住施設であった。電気・都市ガス・水道・ダストシュート・水洗式便所など最先端の近代的な設備を誇っていた。

解体され現存していません

同潤会三ノ輪アパート 住所

東京都荒川区東日暮里2丁目

同潤会三ノ輪アパート 種類

団地・住宅・別荘

同潤会三ノ輪アパート 画像

同潤会三ノ輪アパート 写真・ブログ・リポート

さよなら同潤会三ノ輪アパートメント - 追憶の彼方へ-廃墟黙示録
2008年1月15日 三ノ輪アパートが解体されてしまった現在は、台東区にある上野下アパートが唯一の同 潤会アパートとなってしまいました・・・ 今までツーリングで日本各地に出向きましたが 、その時に廃墟に興味を持っていたらと思ってしまいます・・・
同潤会三ノ輪アパートの崩壊しつつある美しさ 同潤会  - とくとみぶろぐ
2009年4月27日 この同潤会三ノ輪アパートは既に廃墟であり、確実にこの世に存在することがなくなる ものですが、最後の一瞬の煌きを見せてくれているようでした。 現役として残り人の 生活の匂いがする同潤会上野下アパート 同潤会アパートシリーズ その5
同潤会三ノ輪アパートメント
同潤会とは、関東大震災の時、国内外から集まった義損金の一部を元に、1924年( 大正13年)内務省内部に作られた財団法人である。同財団法人は、東京と横浜に16棟 のコンクリート製集合住宅を建設したが、三ノ輪アパートメントもこのうちのひとつである。
SATIAN/39 -銀廃苑墟- 同潤会三ノ輪アパート~東京末期~
銀廃苑墟-. フィルムでゆくよ廃墟の写真でらぶずっきゅん 関東大震災後に発足した 財団法人同潤会が東京・横浜に建設した鉄筋コンクリート造の集合住宅です。 近代日本 で最 上野下アパートは現役で住人さんがいらっしゃいますが、三ノ輪アパートは
【路観3】同潤会三ノ輪アパート
路上観察Psycling3で、終盤戦に連れて行って頂いたのがこちらの同潤会三ノ輪アパート。素晴らしい廃墟。 表参道や代官山にあった事で有名な同潤会ですが、そもそもは関東大震災後の住居供給のために設立された財団法人の名前。
同潤会三ノ輪アパート、上野下アパート
荒川区三ノ輪にある、同潤会三ノ輪アパート。 現存する 同潤会アパート は三ノ輪(1928年)と、上野下アパートメント(1929年)だけの2つとなっ まだ、住人の方もいらっしゃいますが、廃墟テイストは満載? 同じ日に上野の同潤会上野下アパート
街中の廃墟 同潤会三ノ輪アパート - ヒロの日記 - Yahoo!ブログ
2010年12月18日 東京都荒川区東日暮里2丁目の「同潤会三ノ輪アパート」が取り壊されると
同潤会三ノ輪アパート
同潤会三ノ輪アパート。同潤会は関東大震災の翌年、 大正13年5月に内務省によって 設立された。このアパートは昭和3年6月完成。 世界各国から寄せられた震災復興支援 金5900万円の内同潤会には1000万円の義損金が割り当てられた。これは大正12年
同潤会三ノ輪アパート - 街かどマニアックス
東日暮里の住宅地の中にあった三ノ輪アパートも現存する同潤会アパートの最後の2 つのうちの1つで、5年程前にに閉鎖となってから長らく放置されていた建物はみるみる 朽ち果てて外壁の崩落と苔むして草木が生えてきたりもして、廃墟物件としてもかなり そそ
同潤会三ノ輪アパートの解体が始まる | とくとみぶろぐ
2009年9月26日 今では数少なくなってしまった同潤会アパート。 最盛期は都内各地にあったのすが、今 ではもう数えるくらいしか存在していません。 その中でも三ノ輪アパートは住民が去り、 解体を待つだけとなっていましたが、長らく解体されずに無人の廃墟
三ノ輪界隈ぶらり : デウスエクスマキな食卓
で、三ノ輪アパートへ向かったら、なんだか網がかかってる!?建設業者の看板もある。でも、前に来たときもかかっていたような気がしないでもない。進んでないのであればいいのだが、しかしこの外壁では難しいものがあるだおるなぁ。台風では大丈夫だったんだろうか??同潤会で現