上野下アパートメント

上野下アパートメントは、関東大震災後に発足した財団法人同潤会が東京・横浜に建設した同潤会アパート(どうじゅんかいアパート)の一つ。現在でも使用されており、廃墟ではない

1929年築のレトロな外観から、廃墟ファンにも人気があったが、2014年9月より建替えが始まっている(読者より情報提供)。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

上野下アパートメント 住所

東京都台東区東上野5丁目

上野下アパートメント 種類

団地・住宅・別荘

上野下アパートメント 画像

上野下アパートメント 写真・ブログ・リポート

SATIAN/39 -銀廃苑墟-  東京末期 ~黄昏に見ゆる栄光~ 同潤会上野下アパート
スポーツワァルド閑話休題。東京にて現存する同潤会アパートは、こちら上野下のみと、なってしまいました。近代日本で最初期の鉄筋コンクリート造集合住宅として、貴重な存在で在り且つ、居住者への配慮が行き届いた綿密な計画等の先見性が評価された、関東大震災復興の象徴。今は無き大塚女子アパ...
SATIAN/39 -銀廃苑墟-  東京末期 ~黄昏に見ゆる栄光~ 同潤会上野下アパート 3
忘却の彼方へ消えゆく前に、せめて、せめてその記憶に、心に残しておきたいものがある。高潔な魂を保つには、時には退廃も必要だ。
東京末期 ~黄昏に見ゆる栄光~ 同潤会上野下アパート2
廃墟写真閑話休題。 東京末期。 ~黄昏に見ゆる栄光~ 同潤会上野下アパート…其の 弐。 uenositad_4.jpg 限りなく黄昏に近い青空は続く。 uenositad_6.jpg ある日ある時 ある曜日、幼馴染みとシャボン玉飛ばしながら話した 1999年にはノストラダムスの予言
同潤会 - So What? ~ 写真生活
2010年1月30日 今回掲載した写真は東上野にある同潤会上野下アパートです。 元々、東日暮里にある 同潤会三ノ輪アパートをデジタルカメラになって初めて撮ろう、あそこはいずれ取り壊さ れるに違いない、廃墟系の風景が好きなので、壊されるまでを追おう!
建築マップ 東京都[上野下アパートメントハウス]1/2
上野下アパートメント(以下、上野下アパート)は、同潤会(どうじゅんかい)が1929(昭和 4)年に建てた集合住宅です。 他のほとんどの同潤会アパートと同様、上野下アパート も戦後に住民に払い下げられた後は住民組織がメンテナンスを行ってきました。
最後の同潤会アパート、上野下アパート - So What? ~ 写真生活
2013年1月15日 また有名な廃墟が消えていく · 昭和風景、九段下ビルも消える · My Favorite Things ~ 写真生活~ 本郷館 上野下アパートは昭和4年竣工。84歳の鉄筋アパートだ。同じ同潤 会の三ノ輪アパートはフィルム時代に訪れており、多分10年くらい前
上野下アパート - 猫屋横丁 首都圏古い町並み探検 - FC2
2012年12月27日 上野駅前の浅草通り、稲荷町駅付近から一本裏通りに入ると、昭和4年竣工の上野下 アパートがある。 上野下張り 居住者用の2号棟( .. 建物には偏見を持たない主義 但し 廃墟系・心霊スポット系は大の苦手 相互リンク・ブロとも大歓迎です
最後の同潤会「上野下アパート」 - FEIERTAG
2012年8月29日 最後の同潤会「上野下アパート」; 上野アメ横センタービル地下食品街 生態系による 新陳代謝が常に行われる自然とはその部分に大きな違いがあり、それは廃墟であっても 同じで、例え大きなサイクルに飲み込まれようとしてもそこには確実
vol.60 あの、同潤会上野下アパートがあった頃。 - 昭和迷宮物件
嘗ては人が活き活きと当たり前の日常を過ごす場としての雰囲気が漂っていたが、確かに住人の姿はまま見受けられたものの、なにか廃墟度が増している気がした。 上野下アパートを後にすると、向かいには以前長屋が軒を連ねていた。
くろべぇの廃墟:同潤会・上野下アパート-livedoorBlog(ブログ)
2010年9月18日、2013年5月5日探訪。関東大震災の復興事業で財団法人同潤会により建てられた同潤会アパート。当時としては先進的な設計や整備が成され、義援金を元手に東京、横浜など各被災地に16棟が建設された。その後老朽化や再開発により順次解体されて行った同
3819 上野下アパート | 龍的思考回路
関東大震災復興住宅として建てられた同潤会アパートで、最後まで残っていた上野下(うえのした)アパートが、来月取り壊される。以前から“そろそろ”ということはわかっていたのに、報道されるまで、ついうっかり行きそびれ、これまでちゃんと見ることがなかったのが本当に悔やま